ここから本文です

首脳陣が語るオリックスの今

5/28(日) 10:00配信

ベースボールキング

苦しい5月

 オリックスは3・4月、15勝8敗と最高のスタートを切ったが、5月はここまで3勝19敗と大きく負け越す。5月2日の楽天戦後には今季最多タイの貯金8を記録するも、現在9連敗で借金は9。3・4月の勢いがなくなり、苦しい戦いが続いている。

【月別チーム成績】
3・4月 → 5月
打 率:.266 → .235
本塁打:19 → 10
得 点:103 → 47
防御率:2.90 → 4.76

 月別成績をみても、全ての成績が落ち込んでいる。福良淳一監督は負けが込んでいる理由のひとつに「結局いつも言うように、投手陣の四球ですよね」と四球の多さを挙げた。四球の数を調べても3・4月は23試合で78個だったが、5月は22試合で86個と増えている。この状況に福良監督は「守りに入っているというか、バッターと勝負ができていない。勝負していたら問題ないんですけど…」と投手陣に苦言を呈した。

 打線についても西村徳文ヘッドコーチは「4月はみんな調子がよくて、5月に入ってみんな調子が悪くなってしまった」と分析する。

【主な打者の月別成績】
T-岡田
3・4月:23試 率.351 本7 点15
5月:22試 率.296 本5 点11

小谷野栄一
3・4月:23試 率.360 本2 点13
5月:21試 率.273 本0 点3

中島宏之
3・4月:23試 率.277 本2 点11
5月:22試 率.256 本1 点8

駿太
3・4月:23試 率.278 本0 点8
5月:21試 率.232 本1 点5

西野真弘
3・4月:18試 率.236 本0 点6
5月:20試 率.200 本0 点2

安達了一
3・4月:23試 率.193 本0 点4
5月:12試 率.081 本0 点1

 西村ヘッドコーチが話すように、規定打席に到達しているほとんどの選手たちが、3・4月に比べると5月は数字を落としている。「今まで、こんなことはなかったですね」(西村ヘッドコーチ)と嘆くほどだ。

 また、西村ヘッドコーチは「最近ヒットが出るようになったのですが、(チャンスで1本が出ないのは)選手が若いからなのでしょうか、ちょっと分からない部分がある」とチャンスにあと1本出ないことについても言及した。

1/2ページ