ここから本文です

ベッテル2位「欲張りすぎてポールを逃した。悔しいけど負けた相手がキミでよかった」フェラーリ F1モナコ

5/28(日) 15:48配信

オートスポーツweb

 2017年F1モナコGPの土曜予選で、フェラーリのセバスチャン・ベッテルは2位だった。

2017年F1第6戦モナコGP 予選2位のセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)と3位のバルテリ・ボッタス(メルセデス)が談笑

■スクーデリア・フェラーリ
セバスチャン・ベッテル 予選=2位
 ポールポジションを取れる可能性があっただけに、自分に少しがっかりしている。でもチームにとって素晴らしい結果だよ。もし自分がポールポジションを諦めて誰かに譲り渡さなければならないのだとしたら、キミ(・ライコネン)を選ぶだろうしね。彼は予選でとてもいい仕事をしたから、よかったと思う。

 でも今日の自分のパフォーマンスには100パーセント満足だとはいえない。全体的にもっといい仕事をすべきだった。マシンはよかったから、僕自身のミスだ。(Q3)最後のランで欲張りすぎた。
 多くを望み過ぎて、逆に少し失ってしまった。

 明日どうなるか、予測はできない。スタート、ペース、戦略といったことを考えなければならない。そして、すべての要素をうまくまとめることを目指そう。レースにはいつもどおりの準備をしていくよ。
 
(ポールポジションのライコネンとのスタート直後のバトルについて聞かれ)ふたりともレースの経験は豊富だから、1コーナーでどうすべきかは分かっている。僕らはレースをするためにここにいるんだ。

[オートスポーツweb ]