ここから本文です

リカルド「モナコで絶対あってはならない愚かなミスを、チームはなぜ犯したのか?」レッドブル F1土曜

5/28(日) 13:41配信

オートスポーツweb

 2017年F1モナコGPの土曜予選で、レッドブル・レーシングのダニエル・リカルドは5位だった。

2017年F1第6戦モナコGP キミ・ライコネン(フェラーリ)がポールポジションを獲得した

■レッドブル・レーシング
ダニエル・リカルド 予選=5位
 アウトラップでプッシュしなければならないことは分かっていた。タイヤをうまく温めるには、ピットから出た時に、クリアラップを取る必要があった。
 なのに、最後のランでトラフィックの中に出てしまった。そのため、アウトラップでプッシュすることができなかったんだ。

 でも後ろの(セルジオ・)ペレスとの間には20秒もあったらしい。それならなぜ、そのギャップを使わなかったのか、僕には分からない。
 アウトラップでプッシュしなければならないと分かっている時に、なぜトラフィックの中に出ていったのか。あれは間違いなくミスだ。

 時間切れになるのでなければ、前が空いた状態になるまで待つべきだったのに、なぜそれをしなかったのか分からない。僕らにはペースがあった。それは間違いないと思う。なのにばかげた、愚かな間違いを犯した。

 モナコの持つ厳しさによって、集中力を失って、明らかに間違いだと思われるようなことをしてしまうことが時にあるようだ。故意にではない。でも悔しい。

 僕らは今年、思うような結果を全く出せずにいるけれど、モナコではいつもよりずっといい結果を出せるチャンスがある。相手が誰であれ、挑戦できたはずだ。でもこの位置では、それももう無意味だ。実際のポテンシャルからかけ離れた位置にいる。そこが悔しい。他のどこよりも、モナコは愚かで単純な間違いをすることを避けたい場所なのに。
 
 ここでは日曜より土曜のパフォーマンスを重視すべきだから、土曜にはこんなミスは犯すべきじゃないんだ。

[オートスポーツweb ]