ここから本文です

「マラドーナかメッシを見ているようだった」 “スーパーゴール”の堂安律に最大級の賛辞

5/28(日) 2:03配信

ゲキサカ

[5.27 U-20W杯GL第3節 U-20日本 2-2 U-20イタリア 天安]

 あまりにも衝撃的なゴールだった――。前半7分までに2点のビハインドを背負う苦しい状況に立たされたU-20日本代表だが、同22分にMF堂安律(G大阪)が反撃の狼煙を上げるゴールをダイレクトボレーで沈める。そして後半5分、その堂安がスーパープレーから同点ゴールを陥れた。

 MF市丸瑞希(G大阪)の縦パスをPA外で受けて前を向くと、迷わずドリブルを開始。「前半から相手が遅いなと思っていたし、自分の調子も良かったと思う」。PA内の密集地帯に飛び込むが、ボールは奪われない。寄せてくる相手選手を一気に4人抜き去って、守備網を突破。ここで左足でコントロールしたボールが相手選手に当たると、ボールはゴールマウスへと向かい、値千金のゴールが生まれた。

 試合後に映像を確認したという堂安は、「自分が足を振り被っている感じに見えて、相手GKの逆を突いたのかなと思う。相手に当たっていましたけど…」と苦笑しつつも、「けど、俺のゴールです(笑)」と胸を張った。

 この日の堂安は2得点と結果を残すだけでなく、緩急を織り交ぜたドリブルでイタリア守備網を切り裂き、組み立ての部分でも多大なる貢献を見せた。

 背番号7の圧巻のパフォーマンスに西野朗技術委員長も目を細める。試合後の取材エリアで取材に応じ、「良かったですね。(内山篤)監督もエリアや時間を考えたプレーを堂安に求めていて、今日はしっかり自分の中で咀嚼しながらプレーしていたと思う」と褒め称えると、2点目のゴールシーンについては「すごかった。マラドーナか(リオネル・)メッシを見ているような感じだった」と最大級の賛辞を贈った。

最終更新:5/28(日) 5:25
ゲキサカ

Yahoo!ニュースからのお知らせ