ここから本文です

市丸瑞希がパスに込めた“メッセージ”、その“メッセージ”を受け取った堂安律

5/28(日) 2:34配信

ゲキサカ

[5.27 U-20W杯GL第3節 U-20日本 2-2 U-20イタリア 天安]

 出し手はパスにメッセージを込めた。そして、受け手はそのメッセージをしっかりと受け取った――。

 前半7分までに2点を許す苦しい展開で試合をスタートさせたU-20日本代表だったが、同22分にMF遠藤渓太(横浜FM)の鋭いクロスをMF堂安律(G大阪)がジャンピングボレーで合わせてネットを揺らし、1点差へと詰め寄った。勢いに乗ると、後半5分に値千金の同点ゴールが生まれる。

 ボールを持ったMF市丸瑞希(G大阪)は感じていた。MF堂安律(G大阪)に預ければ、得点を取れるのではないかと――。「律が“どフリー”だったのは見えていたし、あいつの力があれば、あそこで仕掛けて点を取れると感じた。ボールを出した後は律次第だけど、『前を向け』ということをメッセージとして出した」。市丸が鋭い縦パスを打ち込む。

 ボールを受けた堂安は感じ取った。「(市丸が)パスをちょっと前に出してきたので、『前を向け』というメッセージが込められていたと思った。『そういうことか』と思ってドリブルした」。市丸のメッセージを受け取り、しっかりと前を向いた堂安が寄せてくる相手を次々とかわすと、左足でコントロールしたボールが相手に当たってゴールに向かい、チームを救う2点目が生まれた。

 この“スーパープレー”には、パスを送った市丸も「おー、おー、おー!! 行ったなーって感じで、想像もしていなかった良いゴールでした」と白い歯を見せた。

 この場面以外でも2人は好連係から幾度となく好機を生み出した。市丸が「あいつがどこで欲しいかは目を見た瞬間に分かる」と語れば、堂安も「(G大阪で)一緒にやっている部分もありますが、やっぱりうまいし、すごいなと思ってプレーしていた」と信頼を寄せる。

 “G大阪ホットライン”に改めて手応えを得た市丸は、「決勝トーナメントでも見せられたいいですね」と語りつつも、2人の連係をチームに還元できればもっと良いサッカーができると続ける。「もっと、連係に絡むグループの人数を増やしていけば、もっと良いサッカーができると思う。日本の武器である組織力、グループの力というのを決勝トーナメントで見せたい」と視線を上へと向けた。

最終更新:5/28(日) 5:26
ゲキサカ