ここから本文です

開始7分の2失点で“逆に吹っ切れた”遠藤渓太が「僕も気持ち良かった」絶妙アシスト

5/28(日) 3:09配信

ゲキサカ

[5.27 U-20W杯GL第3節 U-20日本 2-2 U-20イタリア 天安]

 今大会初先発で結果を残した。左サイドハーフの位置に入ったU-20日本代表MF遠藤渓太(横浜FM)は、「思っていたよりも緊張しました」とピッチに立ったが、前半7分までに2失点を喫したことで「逆に吹っ切れた」とエンジン全開で左サイドを切り裂いた。

 決勝トーナメント進出のためには勝ち点1を確保すれば、大きく前進する日本だったが、いきなり試練が訪れる。前半3分に早々とイタリアに先制点を献上すると、同7分にまたもやネットを揺らされ、いきなり2点のビハインドを背負ってしまった。

 当然、「7分間で2失点したときは『ちょっと、これはマズイ』と思った」。しかし、「そこからチームが1つになれたと思うし、盛り返せたと思う」とここから反撃に出る。イタリアを徐々に押し込み始めると、前半22分に遠藤の右足がゴールを演出する。

 左サイドでボールを受けると、中央に持ち出してゴール前を確認。「自分がカットインしたときに、(堂安)律が動いているのが見えた」と鋭いボールを最終ライン裏に送ると、ボールに反応したMF堂安律(G大阪)が左足で合わせてネットを揺らし、反撃の狼煙を上げるゴールが生まれた。

「あのシーンは本当に息がぴったり合ったし、点と点で合わせられたので、アシストした僕も気持ち良かった」

 この得点で息を吹き返した日本は、後半5分に再び堂安がゴールを陥れて2-2の引き分けに
持ち込み、各グループの3位で上位4チームに入ることが決まり、決勝トーナメントに進出することになった。1アシストを記録して、チームのグループリーグ突破に貢献。「欲を言えば、自分がゴールに絡むシーンがもっとあったら良かった」と答えつつも、「でも、本当に結果が大事だと思うので、これで決勝トーナメントに進むことができて良かった」と安堵の表情を浮かべた。

最終更新:5/28(日) 5:26
ゲキサカ