ここから本文です

クリスランの驚愕ボレーで逆転!仙台が新体制連勝を狙った新潟を撃破

5/28(日) 15:04配信

ゲキサカ

[5.28 J1第13節 仙台2-1新潟 ユアスタ]

 J1リーグは28日、第13節2日目を行った。ユアテックスタジアムでは、ベガルタ仙台とアルビレックス新潟が対戦し、2-1で仙台が逆転勝利。ホームでの連敗を4で止め、4試合ぶりの白星を飾った。一方の新潟は新体制連勝とはならなかった。

 自陣深くで堅固なブロックを作る新潟に対し、立ち上がりから積極的に攻め込む仙台。前半4分、PA右からFW奥埜博亮のシュートはGK大谷幸輝に弾かれ、MF梁勇基が左から中央に折り返すもFW石原直樹のシュートは枠を外れる。29分には、右サイドで縦パスに追いついたDF大岩一貴がクロスを上げ、石原がニアに走り込んだが、相手DFにカットされてしまった。

 前節・札幌戦で呂比須ワグナー体制初陣を白星で飾った新潟。前半は耐える時間が続き、なかなかチャンスを作ることができない。それでも、後半は立ち上がりから積極的に前に仕掛けると、3分にカウンターからMFチアゴ・ガリャルドのパスでMFホニが抜け出し、PA右から右足シュート。決定機だったが、カバーに戻ったDF平岡康裕にスライディングでブロックされてしまった。

 試合が動いたのは後半17分だった。新潟は自陣でボールを奪って素早くカウンターを仕掛ける。左サイドの敵陣中央でパスを受けたMF山崎亮平がPA手前の中央にくさびのパスを送ると、チアゴ、FW鈴木武蔵の足もとには収まらなかったが、こぼれ球にいち早く反応したチアゴが左足でゴールに流し込み、新潟が待望の先制点を奪った。

 ホームでの連敗(4)を止めたい仙台は、後半21分に梁勇基と石原を下げて、FWクリスランとFW西村拓真をピッチに送り込む。すると、37分にクリスランがPA内でDF富澤清太郎に倒されてPKを獲得。これをクリスラン自ら冷静に流し込み、同点に追いつく。さらに39分、左サイドからMF永戸勝也が上げたクロスをクリスランがトラップからボールを地面に落とさずそのまま左足ボレー。鮮やかなシュートがゴールネットを揺らし、仙台が2-1と一気に逆転した。

 あっという間に逆転された新潟は後半43分に鈴木とMFロメロ・フランクに代えてMF加藤大とMF成岡翔を投入。最後のチャンスにかけた。しかし最後まで勝ち越しゴールを奪うことができず、そのままタイムアップ。2-1で仙台が接戦をモノにした。

最終更新:5/28(日) 15:04
ゲキサカ