ここから本文です

“海外サッカーオタク”林陵平が2発でムバッペパフォ!水戸が粘る熊本から逃げ切り9戦負けなし

5/28(日) 15:20配信

ゲキサカ

[5.28 J2第16節 熊本2-3水戸 えがおS]

 J2リーグは28日、第16節2日目を行った。敵地に乗り込んだ水戸ホーリーホックはロアッソ熊本と対戦し、3-2で水戸が勝利。9試合負けなし(3勝6分)とした。一方の熊本は3試合ぶりの黒星となった。

 慎重な立ち上がりとなったが、試合中盤あたりからスコアが激しく動いた。水戸は前半25分、MF橋本晃司の右CKからニアで相手が触ったボールがファーサイドまで流れ、FW林陵平がヘッドで押し込み、先制点。自他ともに認める“海外サッカーオタク”が、ゴールパフォーマンスで今季モナコでブレイクを果たした18歳FWキリアン・ムバッペの腕組パフォを披露した。

 さらに水戸は前半28分、相手の中途半端なクリアボールを拾った林陵平がPA手前から左足一閃。鋭いシュートがゴール左に突き刺さり、再び“ムバッペパフォ”を披露する。勢いが止まらない水戸は37分、自陣から橋本の正確なフィードが最前線のFW前田大然につながり、PA内に侵入して右足を振り抜く。これはGK野村政孝に止められたが、前田がこぼれ球を右足で流し込み、3-0。水戸が前田の3試合連続ゴールでリードを広げた。

 後半は熊本が盛り返す。6分にはFKから林陵平のヘディングシュートをGK野村が止め、こぼれ球を体を張って止める。この守護神の活躍に攻撃陣が応える。7分、DF片山奨典が左サイドから上げたクロスをFW安柄俊が左足シュートをゴール左隅に決め、反撃の狼煙を上げる。さらに12分、右CKから安が相手と競り合ってゴール方向に飛んだボールをMF林祥太が頭で押し込み、2-3と1点差とした。

 嫌な展開となった水戸は後半24分に前田、MF白井永地と立て続けにシュートを打ち込むが、GK野村のファインセーブに阻まれる。その後は両守護神の活躍が目立つ試合となったが、スコアはそのまま動かずタイムアップ。水戸が3-2で逃げ切り、6試合ぶりの白星を飾った。

最終更新:5/28(日) 15:20
ゲキサカ