ここから本文です

岡山ルーキー武田がデビュー戦弾も…大分が伊佐2戦連発弾で追いつく

5/28(日) 17:07配信

ゲキサカ

[5.28 J2第16節 大分1-1岡山 大銀ド]

 大分トリニータ対ファジアーノ岡山は1-1の引き分けに終わった。大分は2戦連続の引き分けも7位に順位アップ。岡山は17位のままとなった。

 試合が動いたのは後半だった。まずは岡山。後半6分、MF加地亮が出した浮き球パスをFW豊川雄太が叩いたボールにMF武田将平が反応。この日がデビュー戦となった大卒ルーキーは迷わず左足を振りぬくと、豪快なシュートがゴールに突き刺さった。前半はシュートゼロに終わった岡山が先制に成功した。

 しかし大分も後半25分、MF鈴木惇の縦パスを反転しながら受けたFW伊佐耕平がそのままゴール前まで持ち込み左足弾。背番号18の2戦連続ゴールで大分がドローに持ち込んだ。「ホームなので何としても勝ち点3を取りたかった」と悔しがった伊佐は、「次は勝ち点3を取れるように、メンバー外を含めた全員で準備していきたい」と目線を先に向けた。

最終更新:5/28(日) 17:07
ゲキサカ