ここから本文です

高萩の移籍後初ゴールで先制も…甲府に追いつかれたFC東京、2戦連続ドロー

5/28(日) 18:04配信

ゲキサカ

[5.28 J1第13節 FC東京1-1甲府 味スタ]

 J1リーグは28日、第13節を行い、FC東京はホームでヴァンフォーレ甲府と対戦し、1-1で引き分けた。FC東京は2試合連続のドローで3試合勝ちなし(2分1敗)。甲府は連敗をストップした。

 ホームのFC東京は前節の神戸戦(1-1)から先発1人を変更し、FWピーター・ウタカが加入後初スタメン。
 甲府は前節の広島戦(1-2)から先発4人を変更し、DF山本英臣が6試合ぶり、MF堀米勇輝が4試合ぶりにスタメン復帰。MF島川俊郎がJ1初先発となったほか、大卒ルーキーのDF小出悠太がリーグ戦初先発初出場となり、Jデビューを飾った。

 前半2分、FC東京はDF太田宏介の右CKをニアサイドのMF高萩洋次郎がヘディングで合わせ、DF新里亮に当たったボールがGK岡大生の手をかすめてゴールネットに吸い込まれた。今季、FCソウル(韓国)から加入した高萩の移籍後初ゴールで、いきなり試合を動かした。

 甲府は両翼が下がる5バックで固いブロックを形成し、ボールを保持するFC東京に決定機をつくらせない。膠着状態が続いたが、前半44分、一瞬の隙を見逃さず同点に追いつく。高い位置でMF田邉草民のパスミスを奪った堀米が素早くドリブルで持ち上がり、GKとの1対1から左足で無人のゴールに同点弾を流し込んだ。

 1-1で折り返した後半開始と同時にFC東京は最初の交代カードを切り、MF永井謙佑に代えてMF阿部拓馬を投入。阿部は左サイドハーフに入り、東が右に移った。後半3分、DF森重真人からのロングフィードに抜け出したウタカがヘッドで落とし、阿部がPA内に進入。阿部からのパスをウタカが右足で叩いたが、シュートはゴール右に外れた。

 後半10分、甲府ベンチも動き、島川を下げてMF兵働昭弘を投入。徐々にボールポゼッションを高め、左サイドのMF阿部翔平からのアーリークロスをFWウイルソンがヘディングで狙ったが、枠をとらえられない。再びFC東京が流れを引き寄せ、後半17分、高萩の鋭い縦パスを東が落とし、阿部のスルーパスに抜け出したウタカがDF2人に囲まれながら左足シュート。同18分には高萩がPA手前からミドルシュートを放ったが、いずれもGKのセーブに阻まれた。

 甲府は2人目の交代枠を使い、後半18分、堀米に代えてMFドゥドゥをピッチに送り込む。続々と交代カードを切り、FC東京も東を下げてMF中島翔哉を投入。中島は左サイドハーフに入り、阿部が右にスライドした。後半25分、右後方からのFKを森重がヘディングで狙ったが、決めきれず。後半37分、FC東京はウタカを下げてFW前田遼一を投入。甲府も阿部を下げてDF新井涼平を投入し、互いに交代枠を使い切った。

 最後の猛攻に出たFC東京は後半39分、中島のパスからDFラインの裏に抜け出した田邉がGKとの1対1から右足を振り抜いたが、シュートはゴール左へ。甲府も決定機をつくり、後半アディショナルタイム3分、スルーパスに抜け出したウイルソンが右足シュートを放ったが、GK林彰洋のビッグセーブに阻まれた。最後まで2点目が遠く、試合は1-1の引き分けに終わった。

最終更新:5/29(月) 3:26
ゲキサカ