ここから本文です

河瀬直美監督の「光」 カンヌ最高賞ならず

5/29(月) 7:50配信

東スポWeb

 第70回カンヌ国際映画祭の授賞式が28日(日本時間29日未明)、フランス・カンヌで行われ、コンペティション部門の最高賞「パルムドール」にスウェーデンのリューベン・オストルンド監督(43)の「スクエア」が選ばれた。日本から唯一出品された河瀬直美監督(47)の「光」は受賞を逃した。

 他の受賞作と受賞者は以下の通り。

◇監督賞=ソフィア・コッポラ(「ビガイルド」)

◇女優賞=ダイアン・クルーガー(「イン・ザ・フェイド」)

◇男優賞=ホアキン・フェニックス(「ユー・ワー・ネバー・リアリー・ヒア」)

◇審査員特別大賞(グランプリ)=「BPM(ビーツ・パー・ミニット)」(ロバン・カンピヨ監督)

◇審査員賞=「ラブレス」(アンドレイ・ズビャギンツェフ監督)

◇脚本賞=ヨルゴス・ランティモスら(「キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディアー」)、リン・ラムジー(「ユー・ワー・ネバー・リアリー・ヒア」)

◇特別賞=ニコール・キッドマン

最終更新:5/29(月) 7:50
東スポWeb

Yahoo!ニュースからのお知らせ