ここから本文です

様々なメンバーが揃った春のマイル王決定戦/安田記念の見どころ

5/29(月) 10:00配信

netkeiba.com

 完全復活を果たした皐月賞馬に、マイル挑戦のスプリントGI馬、前年覇者や強い4歳馬、さらに香港からも2頭が参戦と様々なメンバーが揃った安田記念。春のマイル王に輝くのはどの馬か。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

■6/4(日) 安田記念(3歳上・GI・東京芝1600m)

 イスラボニータ(牡6、美浦・栗田博憲厩舎)は前哨戦のマイラーズCをV。実に2年7か月ぶりの勝利だったが、それまでも昨年のマイルCS2着などトップクラスの実力は見せ続けていた。前走勝ちとGIを3連勝中のC.ルメール騎手の勢いに乗って、2014年の皐月賞に続く2つ目のGIタイトルも手にしたいところだ。

 ビューティーオンリー(セ6、香港・A.クルーズ厩舎)は昨年の香港マイルを優勝。後方待機から直線で突き抜けるという強い競馬だった。海外初遠征のここでもその実力を発揮することができるか。鞍上はエアロヴェロシティで2015年の高松宮記念を制したZ.パートン騎手。

 レッドファルクス(牡6、美浦・尾関知人厩舎)は昨年のスプリンターズSの覇者。前走の京王杯スプリングCでは、一頭だけ58キロを背負って完勝している。今回はさらに200m延びてのマイル戦だが、克服してのGI・2勝目なるか。

 コンテントメント(セ7、香港・J.サイズ厩舎)は2年連続での参戦となる。昨年はシンガリ負けを喫したが、今年はチャンピオンズマイル(GI)でビューティーオンリーを破っており、日本でもお馴染みの「マジックマン」J.モレイラ騎手を鞍上に擁してきた。恐ろしい存在となりそうだ。

 その他、悲願のGI制覇を狙うエアスピネル(牡4、栗東・笹田和秀厩舎)、5連勝中のグレーターロンドン(牡5、美浦・大竹正博厩舎)、昨年の覇者ロゴタイプ(牡7、美浦・田中剛厩舎)、大阪杯2着のステファノス(牡6、栗東・藤原英昭厩舎)、久々のマイル戦となるアンビシャス(牡5、栗東・音無秀孝厩舎)なども戴冠を狙う。発走は15時40分。

最終更新:5/29(月) 11:00
netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ