ここから本文です

何?そのポーズ! 芸達者すぎるラッコ 「可愛すぎて変な声出た」と動画が話題に 鳥羽水族館に聞きました

5/29(月) 6:50配信

withnews

 耳をふさいだり、口をふさいだり、最後は謎のポーズを決めるラッコの動画がツイッターで話題になっています。芸を披露しているのは鳥羽水族館(三重県鳥羽市)の「メイ」です。ポーズにはどんな意味があるのか? 担当者に話を聞きました。

【画像】話題の動画はこちら。前脚で耳やほっぺを押さえ、次は口元に。繰り返した後、最後は謎の「シェー」

こんな動画です

 イルカやアシカ、ラッコなどの海獣類が多くいる鳥羽水族館。館内は12のテーマにゾーン分けされ、順路を気にすることなく自由に観覧できるのが特徴です。

 そんな水族館が今月20日にツイッター投稿した動画が話題になっています。

 飼育係がつないでいた手を離すと、前脚で自分の耳やほっぺたを押さえ、次は口元に。何度か繰り返した後、最後は片方を口元に寄せて「シェー」(おそ松くんに登場する「イヤミ」のポーズ)のような格好をして終わります。

 この20秒の動画に対して「可愛すぎて変な声出た」「何回見てもたまりません」といったコメントが寄せられ、リツイートは2万7千、いいねは3万5千を超えています。

トレーニングの一環

 鳥羽水族館の飼育担当者によると、動画に登場しているラッコは「メイ」(メス、13歳)です。

 このポーズを覚えたのは5月上旬ごろ。飼育係と練習したそうで、「期間は1カ月ほどですが、毎日教えていたわけではないので実質10日間ほどです」とのこと。

 耳を押さえたり、口を押さえたりといったポーズは、健康管理のトレーニングとしてやっているうちの一つだそうです。最後の「シェー」のような姿勢については「トレーニングとして教えたのではなく、たまたまそのポーズになっただけです」。

 メイの気分次第ですが、1日3回のお食事タイム中に披露してくれることも。初めて見る人の中には、ラッコが芸をすることに驚く人も多いといいます。

 話題になったことについては、「たくさんの人に見てもらえてとても嬉しいです。実物はもっと可愛いので、ぜひ会いにきてください」と話しています。

最終更新:5/29(月) 6:50
withnews