ここから本文です

“痛車”ずらり、50人超コスプレも 伊豆最大級のサブカル催し

5/29(月) 12:17配信

伊豆新聞

 伊豆半島最大級のサブカルチャーイベント「BlackShips黒船4」(同実行委員会主催)が28日、下田市外ケ岡の道の駅・開国下田みなとで開かれた。アニメキャラクターの装飾を施した車(通称・痛車)約50台が並び、ファンや観光客の注目を集めたほか、コスプレーヤー50人以上が参加。アニメソングのカラオケ大会、フリーマーケット、飲食の出店なども繰り広げられ盛り上がった。

 同イベントは、2012年に放映されたアニメ「夏色キセキ」の舞台・下田を、毎年多くのファンが聖地巡礼で訪れていることをきっかけに14年に始まった。

 学校のアイドルを目指して少女たちが活躍する「ラブ・ライブ・サンシャイン」をはじめ人気アニメの主人公を描いたり、シールを貼ったりした痛車がずらりと並んだ。名刀を擬人化したゲーム「刀剣乱舞」のキャラクターなどに扮(ふん)したコスプレーヤーが会場内を歩き、来場者と記念撮影をする姿も見られた。

 実行委員長の木崎真彦さん(35)は「インターネットを中心にイベントの認知度がようやく高まってきた。地元と一丸となって、地域振興につなげられるよう頑張りたい」と語った。

 【写説】多くの痛車やコスプレーヤーが集まった「BlackShips黒船4」=下田市外ケ岡の道の駅・開国下田みなと

最終更新:5/30(火) 13:10
伊豆新聞