ここから本文です

【シンガポール】小学館、リー初代首相を描いた学習漫画を発売

5/29(月) 11:30配信

NNA

 小学館のシンガポール法人、小学館アジアは25日、同社2つ目の独自作品「ストーリー・オブLKY」を発売した。シンガポール初代首相リー・クアンユー氏の一生を描いた子ども向け学習漫画で、2部作となっている。
 第1巻ではリー初代首相の幼少期から大学生活、第2次世界大戦中の経験まで、第2巻では英国留学からシンガポールに戻り、同国がマレーシアから独立するまでを描いた。原作は作家の鍋田吉郎氏、漫画は滝井寿紀氏が担当した。
 小学館アジアの加治屋文祥社長は「近年、子どもたちはインターネットに費やす時間が長くなり、読書時間が短くなる傾向にある」と指摘、「漫画という読みやすく魅力的なコンテンツを提供することで、子どもたちが読書の習慣を身につけることに貢献したい」と話した。
 小学館アジアは昨年10月、同じくリー初代首相の一生を描いた大人向けの漫画作品「LKY物語」を発売。同作品は同社初の独自作品で、シンガポールの紀伊國屋書店の漫画部門でベストセラーの1冊となったほか、シンガポール書籍出版協会が主催する「シンガポール・ブック・アワード2017」でブック・オブ・ザ・イヤーの最終選考に残ったという。

最終更新:5/29(月) 11:30
NNA