ここから本文です

若きエイズ活動家たち描く『BPM(Beats Per Minute)』、カンヌでW受賞

5/29(月) 12:45配信

cinemacafe.net

監督自身の実体験をベースに、エイズ活動家団体「ACT UP」での活動を通して、若者たちの恋と人生の輝きを描いた『BPM(Beats Per Minute)』(原題)が、第70回カンヌ国際映画祭にて審査員特別グランプリと国際映画批評家連盟(FIPRESCI)賞のW受賞を果たした。

本作は、第61回カンヌ国際映画祭でパルム・ドールを受賞したローラン・カンテの『パリ20区、僕たちのクラス』で脚本・編集を担当し、自身の監督作『イースタン・ボーイズ』では第70回ヴェネチア国際映画祭オリゾンティ部門の最高賞を受賞したロバン・カンピヨ監督の長編第3作目。

舞台は、90年代初めのフランス・パリ。エイズの感染による差別や不当な扱いに抗議し、政府や製薬会社などへ変革に挑んだ実在の団体「ACT UP(アクトアップ)」の活動を通して、若者たちの恋と人生の輝きを描く。「ACT UP」のメンバーだったという監督自身の経験が、物語のベースとなっている。

明日も知れぬ命を抱える主人公の葛藤、感染者を1人でも減らしたい、友人の命を助けたいという情熱、恋人との限りある愛…。生と死、理想と現実の狭間で揺れ動きながらも、強く生きる若者たち。彼らの生き生きとした表情や行動が、力強くエモーショナルな映像と共に綴られていく。

「ACT UP」とは、正式名称を「The AIDS Coalition to Unleash Power=力を解き放つためのエイズ連合」といい、1987年3月にニューヨークで発足したエイズ・アクティビストの団体。エイズ政策に感染者の声を反映させることに力を入れ、差別や不当な扱いに抗議して、政府、製薬会社などに対し、しばしばデモなどの直接行動に訴えることも。現在は全米各地やフランス、インド、ネパールなどにも作られている。

現地時間5月28日夜に開催された授賞式で、審査員特別グランプリとして作品名が読み上げられた後、会場からは熱烈なスタンディングオベーションが贈られた。カンピヨ監督は感極まった様子で壇上に上がり、ひと言ひと言、噛みしめながらスピーチ。

「この作品は決して1人では成し遂げられませんでした。役者、スタッフの皆さん、プロデューサー、サポーターをしてくださった方々のおかげです。この映画は、知的で力強く、物語としても、グループとしても冒険でしたが、みんなと一緒だからこそできたことです。そしてこの映画祭は、私にとって力強い感情を与えてくれました。この作品は、エイズで亡くなられた方へのオマージュであるとともに、頑張って生きている方々を勇気づけるものでもあります。勇気を持って闘い続けている人、当時命を懸けて(ACT UP)の活動を行った人を想い、この作品を作りました。本当にありがとうございました」と語った。

すでに各誌で絶賛を受けており、「Variety」誌では「21世紀、世界的に、中でも特にゲイコミュニティに影を落としたヘルス危機を、アメリカ以外の視点から描いているのは稀で貴重。『フィラデルフィア』や『ダラス・バイヤーズクラブ』のような政治色の強いAIDSドラマと比べて熱が感じられる」と評し、「主人公のショーンとネイサンの優しく互いを支え合うロマンスは、それぞれの人間性の奥深い部分を見せてくれる」とコメント。

また、「IndieWire」誌は「感動的なラブストーリーであると同時に、社会的活動が無関心な人々の目を覚めさせるためにいかに有効的かを証明していて、政治的にも関心も呼ぶにちがいない!」、「VANITY FAIR」誌では「パルム・ドール候補に挙げられるのも納得! AIDS患者の数が増えているにも関わらず、1980~1990年代のトラウマが薄らいでいってしまっている中、きちんと配給およびマーケティングされることを願っている」と評している。

最終更新:5/29(月) 12:45
cinemacafe.net