ここから本文です

オリラジ中田が松本人志を「暗に批判」 「吉本が全社をあげて大騒ぎ」

5/29(月) 15:03配信

J-CASTニュース

 お笑いコンビ「オリエンタルラジオ」の中田敦彦さん(34)が、所属する吉本興業の「大先輩」にあたる松本人志さん(53)に関するトラブルで、事務所が「大騒ぎ」していることを明かした。

【写真】茂木健一郎氏は「(事務所の)忖度」を指摘

 「(吉本興業の)幹部と社長に、いま僕は『謝れ』と言われている」――。中田さんは2017年5月28日放送のラジオ番組「らじらー! サンデー」(NHKラジオ第1)で、今回のトラブルについてこう明かした。

■茂木健一郎「日本のお笑い芸人は終わっている」の余波

 なぜ、中田さんは事務所側から「謝罪」を要求されているのか。ことの発端は、脳科学者の茂木健一郎さんが2月にツイッター上で展開した「日本のお笑い芸人は終わっている」といった主張にある。

 中田さんは4月15日に更新したブログで、こうした茂木さんの主張に賛意を表明。あわせて、茂木さんの主張を批判した複数のお笑い芸人についても、「メジャーな先輩方が全員反対派だったので、がっかりしてしまいました」などと言及していた。

 このブログで中田さんは、次のようなネットニュース記事をリンク付きで紹介している。それは、松本さんが3月19日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ系)で、

  「(茂木さんには)笑いのセンスがまったくないから、この人に言われても刺さらない」

と発言。この発言を受け、翌週3月26日放送回にゲスト出演した茂木さんは「誤解を与えてしまって本当に申し訳なくて...」などと松本さんに謝罪した――というものだ。

 中田さんはブログの中では松本さんの名前を出していないが、

  「茂木さん負けるな!と思っていたところ、大御所の番組に出演して大御所に面白くないと言われ公開処刑をされてしまいました。大御所にセンスがないとか価値を決められてしょげ返っている様子こそが茂木さんの意見通りだったのに。茂木さんの指摘、当たってたのに」

と皮肉る文章を寄せていた。

1/2ページ

最終更新:5/29(月) 19:29
J-CASTニュース