ここから本文です

ここまでやらせて、このオチか… KINCHOの「折り紙」新聞広告、完成前に引き裂いた人も 狙いを聞く

5/30(火) 6:50配信

withnews

 蚊取り線香などで知られる「KINCHO」(正式社名は大日本除虫菊)。そんな会社の新聞広告がネット上で話題になっています。一面真っ黒で、無数の白い線が引かれており、下には「超難解折り紙」と文字が書かれています。どうやら紙面を折っていくと「ある生物」になるようです。どんな狙いがあってこの広告を出したのか? KINCHOの広報担当者に話を聞きました。

【動画】折り紙の作り方動画はこちら。完成型の「あの黒い生物」になる様子が見られます(本物は出ません)

こんな新聞広告です

 今月27日に一部の全国紙などに掲載された、一面ほぼ真っ黒な広告。

 中心部にはKINCHOのロゴ、下には「超難解折り紙」の文字とともに殺虫スプレー「キンチョール」の缶の画像が写っています。どうやらキンチョールの広告のようです。

 左下には小さく「作り方はこちら」とURLが記されており、パソコンでページを開くとダウンロード用の新聞広告PDFデータと、作り方の動画が掲載されていました。

 動画の再生時間は54分47秒もあり、かなりの大作のようです。丁寧に手順が説明されており、折り進んでいくと40分あたりで昆虫の足のようなものが複数登場。人間から嫌われることが多い「あの黒い生物」のような形になっていきます。

 最後に触角を整えると、案の定「ゴキブリ」が完成しました。

広報担当者に聞きました

 新聞広告が掲載された当日、ツイッターには実際に作ってみた人たちが感想や画像を投稿。

 「なんちゅうもん作らせてくれたんじゃ」という文言とともに、制作前の紙面と完成したゴキブリの画像を投稿したツイートには、「難易度が半端ない」「裏側まで再現度高い」「完成系になる前に引き裂いてやった」といったコメントが寄せられ、リツイートは8万、いいねは10万を超えています。

 なぜゴキブリだったのか? その狙いについてKINCHOの広報担当者はこう説明します。

 「キンチョールといえばハエや蚊に効くという印象をお持ちの方が多いと思いますが、ゴキブリやノミ、ダニにも効くんです。そのことを知っていただきたかったのと、『何だろう』と思って実際に作った方の印象に残るものを、と思って選びました」

 普通に広告を出しても見てもらえないという思いから、過去には、無数の蚊に振られた数字をつなぐと「買って」「ひま?」の文字が浮かび上がる広告を出して話題になったこともあるKINCHO。

 「前回以上に手間がかかる仕掛けなので、作った方が『面白かった』『やられた~』といった風に何かしら感じていただけたのであれば嬉しいです」

最終更新:5/30(火) 7:03
withnews