ここから本文です

サウサンプトンで充実のシーズンを過ごした吉田麻也、名誉会長がCBコンビを絶賛

5/29(月) 11:36配信

GOAL

サウサンプトンに所属する日本代表DF吉田麻也とジャック・スティーブンスのコンビをクラブの名誉会長が称賛した。公式サイトが伝えている。

吉田とスティーブンスは控えDFとしてシーズン前半を過ごした。しかし、キャプテンを務めていたジョゼ・フォンテがウェスト・ハムへ移籍し、主力のビルヒル・ファン・ダイクがケガで戦列を離れた。2人はその間に出場機会を手にした。そして、徐々に安定感を増していき、クロード・ピュエル監督に全幅の信頼を置かれるコンビへと成長した。名誉会長のテリー・ペイン氏は両センターバックを褒め称えているが、特に吉田が印象に残っているようだ。

「彼はもう4,5年いるが、とても辛抱強かった。そして定期的にプレーするようになると、思い切って任務に立ち向かい、本当に傑出したパフォーマンスを見せてくれた。2人とも良くやってくれたけど、マヤは本当に印象的だし、長く印象的であり続けるだろうね」

吉田は2016-17シーズン、公式戦37試合に出場し、2得点を記録。第32節のウェスト・ブロムウィッチ戦などでキャプテンを経験するなど、充実したシーズンを過ごした。

GOAL

最終更新:5/29(月) 11:36
GOAL