ここから本文です

ミランダ・カー再婚 お相手はスナップチャットCEO

5/29(月) 18:55配信

J-CASTニュース

 オーストラリア出身のモデル、ミランダ・カーさん(34)が再婚し、米カリフォルニア州で2017年5月27日(現地時間)、挙式を行った。お相手は、写真共有アプリ「スナップチャット」を運営するスナップ社のCEO(最高経営責任者)、エヴァン・シュピーゲル氏(26)。日米豪の各メディアが報じている。

 ミランダさんは、「油マネジメント」を訴えるサントリー「黒烏龍茶」のテレビCMなどで、日本でもお馴染みだ。ツイッターなどでは祝福コメントが相次いだほか、お相手が若き富豪とあってか、やっかみの声や、それを諌める「つぶやき」も寄せられた。

■日本のテレビCMにも複数出演

 プラダなど有名ブランドの広告に起用され、人気モデルとして知られるミランダさんは、日本でもサントリーの他、マルコメなどのテレビCMに出演している。10代前半にモデル活動を始め、高校卒業後は米ニューヨークに拠点を移した。2010年、俳優のオーランド・ブルーム氏(40)と結婚し、翌年に男の子を出産。13年に離婚した。

 再婚のお相手、シュピーゲル氏とは、約1年の交際期間を経て昨2016年7月に婚約していた。今回の挙式を行った場所は、シュピーゲル氏が所有する邸宅で、親しい友人ら40~50人を招いたという。

 シュピーゲル氏は、スナップ社の共同創業者でもあり、16年の米長者番付「フォーブス400」に初ランクイン。初めてランク入りした22人のうち最年少だった。総資産は21億ドル(335位)で、日本メディアでも総資産2000億円以上などと紹介されている。

 ミランダさんの再婚が報じられると、日本語ツイッターでも、

  「幸せそうでなによりだね~」
  「なんとも羨ましいというか、ミランダ・カーかわいい」

と祝福する声や、

  「再婚!? ショック~」
  「再婚だったんかい」

と驚いた様子のつぶやきも寄せられていた。

 また、相手のシュピーゲル氏について、「若き大富豪」「凄い富豪」などと伝えられることから、

  「金目当て」
  「憤りしか感じない」

と、やっかみの様な反応もあった。こうしたネット上の声に対し、

  「日本人の醜い僻みが溢れまくってる」

と批判的にたしなめる人もいた。

最終更新:5/29(月) 18:55
J-CASTニュース