ここから本文です

水曜日のカンパネラ、新曲「メロス」の配信がスタート

5/29(月) 16:19配信

CDジャーナル

水曜日のカンパネラ、新曲「メロス」の配信がスタート

水曜日のカンパネラ、新曲「メロス」の配信がスタート

 100人の子供、100頭の馬と共に撮影された新曲「メロス」のミュージック・ビデオが話題となっている水曜日のカンパネラが、同楽曲をシングルとして5月26日より配信スタート。

 2月に発売されたフル・アルバム『SUPERMAN』以降初の新曲となる「メロス」は、太宰 治「走れメロス」がモチーフに、ケンモチヒデフミが作詞・作曲を担当した楽曲。ミュージック・ビデオは、総勢300人以上の出演者、スタッフを動員し、日中は25℃、夜は氷点下5℃にもなるモンゴル国にて、現地全面協力のもとで撮影。地元の子供達100人と100頭の馬と共に、コムアイも自ら馬に乗る姿を見せています。YouTubeでは、MV撮影の舞台裏に迫るメイキング映像「『メロス』Behind The Scene」も併せて公開中。監督は水曜日のカンパネラ「マリー・アントワネット」「千利休」「ミツコ」「シャクシャイン」などのMVも手掛けた藤代雄一朗が務めています。

 6月からは全国16都市での開催が決定している全国ツアー〈IN THE BOX〉がスタート。詳しくはオフィシャル・サイトにてご確認ください。

最終更新:5/29(月) 16:19
CDジャーナル