ここから本文です

電話での在宅確認にAIを搭載、再配達希望時間を声で伝えられる

5/29(月) 15:20配信

アスキー

トレイルは、宅配便ドライバーが配達先へ近づくと自動で電話連絡するサービスを開発し、検証していると発表。ドライバーの再配達率を低減させ効率的な配達を目指す。

 トレイルは5月29日、再配達を減らす在宅自動確認サービスの自動音声応答でAIを使った音声認識に対応したと発表した。
 
 現在、荷物全体のおよそ20%が再配達されていると言われており、配達を阻害する大きな原因だという。今回のサービスは、宅配便ドライバーの再配達率を低減させ、効率的な配達の実現を目指して開発された。
 
 従来の電話機のボタンを押す対応では、ダイヤル回線の場合はトーン信号に切り替えたり、再配達の希望日時を登録する際に何度もボタン入力したりと、操作の手間が原因で宅配便利用者の入力率が上がっていなかったという。
 
 AIを活用し音声認識に対応した本サービスでは「不在なので明日の15時に再配達をお願いします」のように自然な会話で在宅、不在時の再配達希望日時を伝えられるようになる。
 
 また、再配達希望日時の応答率を改善させドライバーの再配達の削減が期待できるという。
 
 
文● ラッキー橋本/ASCII

最終更新:5/29(月) 15:20
アスキー