ここから本文です

マスチェラーノが6週間の離脱、ブラジル戦欠場へ

5/29(月) 10:39配信

ISM

 バルセロナ(スペイン)は現地時間27日(以下現地時間)、アルゼンチン代表DFハビエル・マスチェラーノが、右ひざの負傷により6週間離脱すると発表した。

 マスチェラーノは27日に行なわれたアラベスとの国王杯(コパ・デル・レイ)決勝で、頭部と右ひざを負傷。優勝を祝うセレモニーには、杖をついて参加していた。

 すでにバルサは今季の公式戦全日程を終えているため、クラブでの活動に大きな影響はない。しかしこのケガによりマスチェラーノは、6月9日に予定されているブラジルとの国際親善試合は欠場することに。なお、アルゼンチンの2018年W杯南米予選の次戦は、8月28日のウルグアイ戦となっている。(STATS-AP)

最終更新:5/29(月) 10:39
ISM