ここから本文です

【MotoGP 第15戦日本】大型ビジョンを備えたV字コーナー席を新設、食事スペースも用意

5/29(月) 11:18配信

レスポンス

ツインリンクもてぎでは、10月13日から15日に開催する「2017 FIM MotoGP 世界選手権シリーズ第15戦 MOTUL 日本グランプリ」に、「V字コーナー席」を新設するとともに食と充実した寛ぎの「V字コーナーオアシス」を設置する。

[関連写真]

ツインリンクもてぎでは、2015年に迫力あるレース観戦ができるビクトリースタンド席と滞在の充実と寛ぎを楽しめるホスピタリティガーデンを、翌2016年にはグランピングスタイルの観戦が楽しめる「ビクトリーコーナーテラス」と「SORAサイト」を新設した。

今年は、大型ビジョンを備えた指定席「V字コーナー席」を追加するとともに、レースの合間に食事やくつろぎの時間を楽しめる「V字コーナーオアシス」を用意。また周囲にはキャンプステイ駐車場や、オーバーナイトスクエアなどのキャンプエリアにも近く、3日間を快適に観戦と滞在が楽しめる新たなスタイルを提供する。

価格は3日分パスポート付で大人(高校生以上)1万4500円より、子ども(3歳~中学生) が3400円。V字コーナー席を含めた主なMotoGP前売観戦券は6月3日から販売を開始する。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:5/29(月) 11:18
レスポンス