ここから本文です

Brian the Sun、結成10周年記念イベント〈ブライアンフェス〉を東京・大阪で開催決定

5/29(月) 16:19配信

CDジャーナル

 2007年結成の大阪在住4人組ロック・バンド、Brian the Sunが今年1月にリリースしたメジャー1stアルバム『パトスとエートス』を携えた全国ツアー〈パトスとエートス〉のファイナルを5月27日に東京・恵比寿 LIQUIDROOMで開催。同公演のステージにて、結成10周年記念イベント〈ブライアンフェス〉を10月1日(日)大阪・なんばHatch、10月9日(月・祝)東京・赤坂 BLITZで行うことを発表しました。公式ファンクラブ「Brian the Sun mobile」では、6月1日より〈ブライアンフェス〉“特製ラバーバンド付きチケット”の先行発売がスタート。

 3月から始まった全国ツアーの集大成となったこの日の公演では、アルバムの1曲目に収録されている「Impromptu」での幕開けから、Wアンコールまで全19曲を披露。7月5日(水)の発売が予定されているミニ・アルバム『SUNNY SIDE UP』からも、TOKYO MXにて放送中のアニメ「兄に付ける薬はない!-快把我哥帯走-」主題歌の「Sunny side up」をはじめ「ねこの居る風景」「隼」という3曲がパフォーマンスされました。Abema TVでは、6月2日(金)21時より「メトロック出演!Brian the Sun 2017ツアーファイナルLIVE」と題してこの日のライヴの模様を放送予定です。

最終更新:5/29(月) 16:19
CDジャーナル