ここから本文です

加藤自然体で“代表デビュー”「ありのままの自分で」落ち着いた様子

5/29(月) 6:03配信

デイリースポーツ

 「サッカー日本代表合宿」(28日、千葉県内)

 サッカー日本代表は28日、親善試合・シリア戦とW杯アジア最終予選・イラク戦に向け、海外組のみで千葉県内で合宿をスタート。練習初日は、初招集のMF加藤恒平(27)=ベロエ・スタラザゴラ=ら9選手と、バックアップメンバーのFW宇佐美が参加した。今回の“サプライズ招集”となった加藤は「ありのままの自分で入れば、普通にチーム(の空気に)入れる」。自然体での“代表デビュー”を果たした。

【写真】少年ファンとスマイル!加藤恒平

 飾り気や、強がりは要らない。27歳で初の日本代表という夢舞台にたどり着いた加藤は、自然体で記念すべき第1歩を刻んだ。

 全体練習開始前に作られた円陣。ハリルホジッチ監督から、新メンバーとして紹介されると、周囲の選手スタッフから拍手が起きた。「雰囲気の良いチームだなと。監督は怖いイメージもあったが、冗談も言う人。(選手たちの)人間性は素晴らしいと思う」と印象を語った。

 物おじはしない。アルゼンチン挑戦時には「サポーターが猟銃を持ってロッカーまで入ってきたこともあった」という経験や、ポーランド、モンテネグロなどでもプレー経験がある苦労人。帰国時には「笑顔で入りたい」と話していた通り、約2時間のメニューを堂々とこなした。「モンテネグロ(に移籍した際)は自分を作っていたが、今はありのままの自分で、普通に入れる」と落ち着いた様子で話した。

 「周りからは(27歳で初招集は)遅いと言われるが、僕にとっては必要な時間だった。ようやくスタートラインに立った。(代表で)生き残るために、求められていることと、プラスアルファで自分の良さを出したい」。伸び伸びと、だがしたたかに。加藤は躍動する。

Yahoo!ニュースからのお知らせ