ここから本文です

FC東京ぶざまドロー 林「苦境を乗り越えるしか」ブーイングを歓声へ

5/29(月) 6:03配信

デイリースポーツ

 「明治安田生命J1、FC東京1-1甲府」(28日、味の素スタジアム)

 前半を終えてブーイング。試合終了と同時にまたブーイング。FC東京は「勝たないといけない試合」(GK林)で痛恨ドロー。容赦ない叱咤(しった)がスタジアムに響いた。

 MF田辺が「やっちゃいけないミスだった」と悔やんだのは前半44分。精度を欠いたバックパスを奪われ、同点を許した。

 攻撃陣も機能しない。開始2分で先制したが、追加点を奪えなかった。篠田監督は「停滞したゲームになってしまったのは反省。ゴールまで遠かった」と振り返った。

 リーグ戦では3戦白星なしとチーム全体が“停滞モード”。林は「苦しい状況を乗り越えるしかない。乗り越えたらチャンスはある」と言う。ブーイングを歓声に変えるには、苦境を乗り越えるしかない。