ここから本文です

Nintendo Switch版『モンスターハンターダブルクロス』の情報も大公開! モンスターハンター頂上大会 2017 札幌大会リポート!

5/29(月) 13:32配信

ファミ通.com

文・取材・撮影:ライター メスカブト森田

●最後の地区大会で最高のフィナーレ!
 2017年5月27日、北海道札幌・サッポロファクトリーホールにて、カプコンの大人気作品『モンスターハンターダブルクロス』(以下、『MHXX(ダブルクロス)』と『モンスターハンター ストーリーズ』の公式イベント“モンスターハンター頂上大会 2017”札幌大会が開催された。モンスターハンター頂上大会 2017は、4月より全国6都市で順次開催され、札幌大会が最後の地区大会となっている。本記事では会場が一体になって大きな盛り上がりを見せた、イベントの模様をお届けしていく。


●開発者揃い踏みのステージイベント! Nintendo Switch版『MHXX(ダブルクロス)』の詳細も公開!
 会場内のステージには『MH』シリーズプロデューサー辻本良三氏を始めとする開発陣が登壇。ユーザープレゼントを賭けたチャレンジや最新情報の紹介など、さまざまな企画を行い、来場者を楽しませた。


≪最新情報紹介≫

 辻本プロデューサーら開発陣が『MH』シリーズに関する新情報を続々と発表! 全ハンター注目のニンテンドースイッチ版『MHXX(ダブルクロス)』の情報を中心に、ピックアップしてお届け!


<『MHXX(ダブルクロス) Nintendo Switch Ver.』>

 イベント前日にタイトルコールが行われ、ファンのド肝を抜いたNintendo Switch(以下、ニンテンドースイッチ)版『MHXX(ダブルクロス)』。ステージでは発売予定日や価格、セーブデータの移行、ニンテンドースイッチ同梱のスペシャルパックの存在など、気になる情報が明らかにされた!


◆注目ポイント
・高解像度の美しい映像
・ユーザーインターフェイスの最適化
・家では大画面、外では携帯モードと、状況に合わせたプレイが楽しめる
・ニンテンドー3DS版『MHXX(ダブルクロス)』とセーブデータの相互移行が可能
・『MHX』のセーブデータをほぼ引継げる
・ニンテンドースイッチ版どうしでのローカル/インターネット通信プレイに対応
・ニンテンドー3DS版とニンテンドースイッチ版でのインターネット通信プレイが可能
・『MHXX(ダブルクロス)』仕様のニンテンドースイッチとソフトがセットになったスペシャルパックが発売決定
・2017年6月25日開催予定の決勝大会にて試遊可能

◆通常版
発売日:2017年8月25日発売予定
価格:5800円[税抜](6264円[税込])、ダウンロード版は5546円[税抜](5990円[税込])

◆スペシャルパック
発売日:2017年8月25日発売予定
価格:36280円[税抜](39182円[税込])


<『SHOW BY ROCK!!』コラボ>

 サンリオの同名プロジェクトを題材にした音楽ゲームアプリ『SHOW BY ROCK!!』と『MHXX(ダブルクロス)』のコラボが決定! 『MHXX(ダブルクロス)』の楽曲を音ゲーとして楽しめちゃう!

実施期間:2017年6月1日~6月15日


<モンハン部コラボクエスト配信>

 モンスターハンター頂上大会の各会場で先行配信されていたクエストがついに一般配信開始! クエストにくり返し挑んで素材を集め、モンハン部ジャージを作ろう!

配信開始日:2017年6月2日


≪開発者チャレンジクエスト≫

 辻本プロデューサー、市原ディレクター、平岡メインプランナー、『MHXX(ダブルクロス)』プランナー土屋氏の4名が難関クエストに挑戦するコーナー。挑戦の結果によって、ユーザーに配布されるアイテムが豪華になるとあって、来場者もクエストの動向に一喜一憂できる。ちなみに、今回挑戦するのは東京大会で3オチの末に失敗した獰猛化ディノバルド討伐。リベンジのために事前練習を行ったそうだ。



今回の目標:獰猛化ディノバルド討伐(制限時間8分)
クリアー報酬:Twitterキャンペーン(#MH頂上大会ハッシュタグをつけたツイート・RT数に応じてプレゼント数が増加)の報酬に硬化薬グレートを追加、会場で行われるじゃんけん大会の景品にグッズを追加

 東京大会では制限時間ギリギリまで粘った結果、時間切れ直前で3オチ(クエスト失敗)してしまったこともあり、今回は開始直後から全員が積極的に攻撃に参加。罠で動きを封じ、乗りも成功。さらに睡眠からの大タル爆弾、と見違えるような動きを見せる。そして、そのままひとりも落ちることなく約6分で討伐に成功! 報酬の配信日などの詳細は、公式Webサイトでチェックしてほしい。


●『MH ストーリーズ』札幌エリア絆王が決定!
 『MH ストーリーズ』のエリア絆王を決めるステージでは、予選を勝ち抜いた4名のライダーがトーナメント形式でバトルを行い、最終的に勝ち残った1名が勝者となる。ステージ上にはスゴ腕のライダーたちに混じって、(運よく)予選を勝ち抜いた、週刊ファミ通編集者ででおも登壇。その姿を見た辻本プロデューサーが「全大会を通じて初めて“この人は負けてもいい”と思った」とコメントし、会場は爆笑の渦に包まれた。しかし、そんな和やかな進行とは裏腹に、ステージではライダーの実力が拮抗する名勝負が展開。行動順がひとつ変わっていたら結果がひっくり返っていたかもしれないクレア選手とででおのバトル、制限ターンを使い切りサドンデスに突入したハルとオズの熱戦など、緊張感溢れる試合に観客の目は釘づけだった。もうひとつの準決勝(ハル選手対オズ選手)では、なんと前代未聞のサドンデスに突入。長期戦の直後にも関わらずブレス対決を制する、パワフルなプレイを見せたハルに軍配が上がった。
 そしてクレア選手とハル選手による決勝戦。レア8までのオトモンが使えるため、互いにジンオウガ亜種やラギアクルス亜種などを呼び出し、ド派手な攻防が行われるたび、会場にどよめきが起こる。激しいバトルを制したのはハル選手!

・『MHストーリーズ』札幌エリア大会結果
1位 ハル
2位 クレア
3位 オズ
3位 ででお(週刊ファミ通)


●狩王決定戦、親子ハンター日本一決定戦、女子ハンター日本一決定戦それぞれの札幌地区代表が決定!
 地区大会で行われる『MHXX(ダブルクロス)』の公式タイムアタックでは、優秀な成績を残したチームが各地区の代表として、2017年6月25日に開催される決勝大会へと進出できる。ここでは、札幌大会で行われた狩王決定戦、親子ハンター日本一&女子ハンター日本一決定戦の結果をお届けする。


<狩王決定戦、親子ハンター日本一決定戦、女子ハンター日本一決定戦 札幌大会予選>

 狩王決定戦と女子ハンター日本一決定戦はベリオロス討伐、親子ハンター決定戦はボルボロス討伐(ニャンター専用クエスト)の結果によって地区大会決勝に進むチームが決定。狩王決定戦が上位8チーム、親子ハンター日本一&女子ハンター日本一決定戦はそれぞれ上位2チームが地区大会決勝戦へと進出できる。各部門の予選通過チームのタイムは以下の通り。


・狩王決定戦 札幌大会予選タイム
1位 若ガリ定食 ライス超盛り 2分08秒90
2位 きたくかい 2分09秒73
3位 insomnia 2分10秒83
4位 二暴’D 2分19秒28
5位 小鹿ドライ 2分30秒20
6位 うるサラVII2分31秒43
7位 ASAXNISO 2分33秒03
8位 Max Burning!! 2分35秒26

・親子ハンター日本一決定戦 札幌大会予選タイム
1位 激撃ち君 3分00秒06
2位 ☆ringo☆ 4分37秒68

・女子ハンター日本一決定戦 札幌大会予選タイム
1位 狩猟笛と結婚することが弓 2分23秒71
2位 ガーグァフェイス 2分40秒80




<狩王決定戦 札幌大会決勝>

 『MHXX(ダブルクロス)』の頂点を目指して、全国のハンターたちがタイムを競い合う狩王決定戦。本会場では仙台地区大会の決勝と同じく紫毒姫リオレイア討伐で争われた。多くのチームが、仙台大会を参考にしていたようで、高レベルな狩猟が展開された。多くのチームは仙台大会でも高タイムを叩き出されていたヘビィボウガンを主体にしていたが、一部のチームはハンマーやガンランスなどの近接武器を選択。空中の紫毒姫リオレイアを突きで落とす、罠→気絶→乗りと流れるような動きで紫毒姫リオレイアの動きを奪うなど、見応えのあるプレイを披露していた。

・狩王決定戦 札幌大会決勝タイム(決勝大会進出は上位2チーム)
1位 うるサラVII 2分24秒60
2位 ASAXNISO 2分51秒13
3位 きたくかい 3分05秒78
4位 二暴’D 3分10秒80
5位 小鹿ドライ 3分56秒73
6位 若ガリ定食 ライス超盛り 4分12秒50
7位 insomnia 4分12秒95
8位 Max Burning!! 4分25秒71



<親子ハンター日本一決定戦 札幌大会決勝>

 親子ハンター日本一決定戦の札幌地区代表を決める勝負のお題は、ニャンターでのリオレウス討伐。空中を自在に飛び回るリオレウス相手に、小柄なニャンターでどう立ち回るかが見どころだ。☆ringo☆チームはふたりともカリスマ、激撃ち君チームはコレクトと戦術はバラバラ。☆ringo☆チームは命中させるのが難しい閃光爆弾の技で何度もリオレウスを叩き落とし、激撃ち君チームはブーメランを的確に命中させてリオレウスを地上に釘づけにするなど、どちらも見事な拘束っぷり。そして勝負は、ひるみや尻尾切断のダメージまでも計算し尽くし、リオレウスの動きを完全に掌握した激撃ち君チームに軍配が!

・親子ハンター日本一決定戦 札幌大会決勝タイム
1位 激撃ち君 3分07秒20(サポート:コレクト&コレクト)
2位 ☆ringo☆ 6分54秒25(サポート:カリスマ&カリスマ)




<女子ハンター日本一決定戦 札幌大会決勝>

 女子ハンター日本一決定戦 札幌大会決勝の相手は、大雪主ウルクスス。ガーグァフェイスチームは仙台大会の決勝と同じく双剣で大雪主ウルクススのお尻を攻撃し続ける作戦、狩猟笛と結婚することが弓チームは罠、ノリ、気絶などをフル活用して大雪主ウルクススの動きを制限しながら立ち回る作戦で狩猟に望む。作戦こそまったく異なるものの、どちららが勝ってもおかしくない、流れるような狩猟が展開。そして僅差で試合を制したのは、狩猟笛と結婚することが弓チーム!

・女子ハンター日本一決定戦 札幌大会決勝タイム
1位 狩猟笛と結婚することが弓 3分36秒56(使用武器:双剣&操虫棍)
2位 ガーグァフェイス 3分55秒05(使用武器:双剣&双剣)


●決勝大会の課題が判明!

 6月25日に開催される決勝大会において、各部門の課題が発表された。決勝大会では地区大会代表枠に加えて、当日参加枠も設けられているので、腕に自信がある人、地区大会で惜しくも敗退してしまった人などは、参加してみるといい。なお、大会参加者以外に一般観覧者も募集しているので、興味がある人は公式Webサイトから参加の応募をしてみよう。

大会参加希望者・一般観覧希望者はこちらから応募


◆決勝大会 当日参加枠・最終予選
狩王決定戦:ベリオロス討伐(上位16チームが黒炎王リオレウス討伐へ参加可能)、黒炎王リオレウス討伐(上位3チームが決勝進出)
親子ハンター日本一決定戦:ボルボロス討伐(ニャンター専用クエスト、上位2チームが決勝進出)
女子ハンター日本一決定戦:ベリオロス討伐(上位2チームが決勝進出)



◆決勝大会 各部門の課題
狩王決定戦 1回戦(上位4チームが準決勝に進出):チャレンジクエスト XXイベント:銀嶺討伐(銀嶺ガムート)
狩王決定戦 準決勝(上位2チームが決勝に進出):チャレンジクエスト XXイベント:大連続狩猟1(青電主ライゼクス、天眼タマミツネ)
狩王決定戦 決勝:チャレンジクエスト XXイベント:大連続狩猟2(鏖魔ディアブロス 狂暴走状態、バルファルク、燼滅刃ディノバルド)
親子ハンター日本一決定戦:チャレンジクエスト XXイベント:大連続狩猟4(ドスマッカオ、ディノバルド、ホロロホルル)
女子ハンター日本一決定戦:チャレンジクエスト XXイベント:大連続狩猟3(朧隠ホロロホルル、怒り爆ぜるブラキディオス)


●優勝チーム&エリア絆王のコメントをお届け!

 公式タイムアタック大会の各部門で優勝した3組のチームとエリア絆王に輝いたハルさんにインタビューを実施! それぞれの喜びの声をお届けしよう。

<狩王決定戦 札幌大会1位>
チーム名:うるサラVII
(写真左・ヘビィボウガン担当:きんぐぅ、写真右・ヘビィボウガン担当:Shark)


――『MH』の大会はこれまでにも出られていましたよね?

きんぐぅ そうですね。『MH4』のころから札幌大会に出ています。『MH4G』のときは札幌での大会がなくて、ふたりで決勝大会当日の最終予選に出られていいと思っていたんですけど、抽選落ちしちゃいました。

――なるほど。それで今回は久しぶりに参加してみたと。

きんぐぅ 札幌で開催されるということで、相方に声をかけましたね。

――予選が6位で、ミスをされたとのことですが……?

きんぐぅ ええ。最初の乗りができなくて、焦っちゃって。ただ、ふたりともソロでかなり練習していたので、その成果が出てかなりリカバリーできたのかなと思います。

――仙台大会と決勝の課題が同じでしたけど、参考にはしましたか?

きんぐぅ 仙台の結果を見る前から、使用武器はふたりともヘビィボウガンでいこうと決めていたんです。そして仙台で優勝されたチームが最初に乗りをキメたり、かなりトリッキーな動きをしていて、僕たちもマネしようと思ったんですけど、できなくって(笑)。なので、単純に射撃の精度だけを上げようと、ふだんからがんばってソロを練習して、ふたりの時間が合うときはいっしょに紫毒姫リオレイア討伐ばかりやっていました。

――それがうまい具合にハマったわけですね。ところで本日、決勝大会の課題が発表されましたね。かなりキツそうな内容ですが、いかがですか?

きんぐぅ 短時間で対策を詰め込むには十分すぎる課題ですね(笑)。まずは、1回戦の銀嶺ガムートをクリアーできるように練習していこうかなと思います。

――鏖魔ディアブロスとか決勝の課題にいるモンスターは、(これまで大会の練習ばかりで)あまり狩猟できていないんじゃないですか?

きんぐぅ そうですね。これまでほぼ大会の課題しかやってこなかったですから。

――これから急ピッチで練習していくと。

Shark 精いっぱいがんばります!

――では、最後に決勝大会に向けての意気込みをお願いします。

Shark 決勝大会の課題が年々エグくなっているなと思ってるんですが、初めて決勝大会に行けるので、満足できるプレイができたらなと思います。

きんぐぅ 目標はやっぱり勝ち上がっていくことなんですけど、魅せるプレイができるように仕上げていければと思います!


<親子ハンター日本一決定戦 札幌大会1位>
チーム名:激撃ち君
(写真左・コレクト担当:ボールペンマン、写真右・コレクト担当:由衣)



――おふたりは2016年の大会の親子ハンター日本一決定戦で日本一になられましたよね。確かそのときは、由衣君が受験になるということで、もう参加しないかもとおっしゃっていた気が……。

ボールペンマン ちょっと無理して、ギリギリ参加しました。

――時期的にはまだ1年生の前期ですからね。ちなみに前回日本一になってから、何か変わったことってありますか?

ボールペンマン いちばん変わったのは、いっしょにふつうの狩りで遊ぶことが少なくなって、息子がひとりでずっと闘技大会を練習するようになったことですね(笑)。

――いっしょに遊ばなくなっちゃたんですか?

ボールペンマン 頻度はかなり減りました。昔はいっしょにふつうにクエストに行っていたのに、最近は“闘技場の鬼”になってます。

――痛し痒しみたいな状況ですね(笑)。今回、練習はけっこうされたんですか?

由衣 すごくやりました。

――土谷プランナーも解説されていましたが、リオレウスの怯みや尻尾の切断を計算しながらプレイされていたのですか?

ボールペンマン そうですね。練習のときに、怯ませて地上に落とすタイミングを見つけて、それを息子がうまく管理してくれました。

――練習通りのプレイができたというわけですね。では、決勝大会に向けての意気込みをお願いします。

ボールペンマン もともと親子で『MH』を遊ぶのが楽しくて、大会も課題を夢中になってプレイするのが好きで出ているので、勝ち負けはそれほど意識していないです。でも、やるからにはうまくやりたいと思います。

由衣 せっかくなので、今回も優勝を狙いたいと思います!


<女子ハンター日本一決定戦 札幌大会1位>
チーム名:狩猟笛と結婚するのが弓
(写真左・双剣担当:ブラキ娘、写真右・操虫棍担当:ぷりん)


――『MH』の大会には、これまでに参加したことはあるんですか?

ぷりん 私は前に狩王決定戦の当日予選に出たんですけど、落ちちゃったんです。

ブラキ娘 私はシリーズを始めたのが『MHX』からで、闘技大会を始めたのが『MHXX(ダブルクロス)』のちょっと前くらい。それまでは闘技大会の存在すら知らなかったんです。

――なるほど。それで今回、いっしょに参加して見事代表になったと。で、おふたりの関係はたしか“ハンティングとぷりんぷりん”ということですが、これはどういうことでしょう?

ぷりん へへへ、適当です(笑)。

――わかりました(笑)。あと、チーム名の由来が“「キミの声は美しい旋律の調べ。ボクはそれを聴くだけで心が強化された気持ちになる。つまり、キミはボクの狩猟笛なんだ」とプロポーズされることが弓”ということですけど、プロポーズされるご予定はあるんでしょうか?

ぷりん じつは、彼女の彼氏が……。

ブラキ娘 はい。

――あら、じゃあチーム名の“狩猟笛”は隠語になっていて、彼氏さんのことだったんですね。

ぷりん いえ、じつは、前に新幹線でたまたま隣りになった人が『MH』の闘技大会をやっていて、私がスッとニンテンドー3DSをとり出して『MH』を始めたら、「闘技大会やってるんですか? もしよかったらボクと」と話しかけれられて、そのまま結婚する……のが“夢”って言おうとしたら“弓”って言っちゃったことがあって、それをチーム名に持ってきました。

――……なるほど、実現するといいですね。おふたりは北海道の方なんですか?

ぷりん&ブラキ娘 東京から来ました。

――北海道の大会に出場することにした理由はあるんですか?

ぷりん 私たちは本当に大会が初めてで、練習時間が欲しかったんですよ。

――今回はとくに練習期間が短かったですからね。

ぷりん もうちょっと欲しかったよね。

ブラキ娘 私があまり時間を合わせられなくて無理をさせてしまいました。

――決勝だけで900回練習されたそうですが、作戦はプレイしていく中で練っていった感じですか?

ぷりん 私がほぼ考えました。

ブラキ娘 それを教えてもらって双剣を練習しました。

――では、決勝大会への思いや意気込みなどを自由にどうぞ。

ぷりん&ブラキ娘 課題に狩猟笛と弓がありますように!!


<『MHストーリーズ』札幌エリア絆王>
ハル


――ハルさんは女子ハンター日本一決定戦でも地区大会の決勝まで進んでいましたけど、練習の両立は大変だったんじゃないですか?

ハル 練習は女子ハンターは平日の夜にやって、絆王のほうは家に帰ってから1時間くらいやる感じでした。

――女子ハンターの決勝でも練習量を“無理ないくらい”っておっしゃってましたね。

ハル そうですね。合間合間にやる感じです。

――『MH ストーリーズ』は女子ハンターのチームの相方さんとかと練習されたりは?

ハル 相方は『MH ストーリーズ』をやっていないんですよ。

――あら、いつもはどうやって練習されているんですか?

ハル 周りに練習相手があまりいないので、オンラインがメインでした。

――準決勝ではターンを使い切ってサドンデスまでいきましたね。

ハル サドンデスは初めてでした。

――あのとき、ハルさんのライダーの体力がかなり減っていたので、勝負が続いていたら危なかったかもしれませんね。

ハル やばかったですね。もう負けたと思いました(笑)。

――ハルさんの試合では連打対決とスライドパッドのグリグリ対決が発生して、どちらも勝利されていたのが印象的でした。

ハル 連打はちょっと自信があったんですけど、グリグリはちょっと不安だったので本気でやりました。

――グリグリは難しいですからね。では、最後に札幌エリア絆王になったいまのお気持ちをお願いします。

ハル 無事勝ててよかったというのと、まだ『MH ストーリーズ』をやったことがない周りのみんなにもプレイしてほしいですね。


●開発陣のインタビューをお届け!
 モンスターハンター頂上大会 2017 札幌大会が閉幕を迎え、全国6都市で開催されてきた地区大会がすべて終了した。今大会の感想や現在の心境、ニンテンドースイッチ版『MHXX(ダブルクロス)』への思いなどを聞くべく、大会閉幕直後に小嶋プロデューサーと市原ディレクターにインタビューを敢行した。



――6都市での地区大会、完走お疲れ様でした。全国を回ってみていかがでしたか?

市原 『MHXX(ダブルクロス)』を多くの人が遊んでいただき、いろいろな人が最速ハンターを目指してくれました。参加者の方々にアンケートに書いていただいたのですが、“練習量”の項目を見ると、シャレにならない回数なんですよ。非常にありがたいという気持ちでいっぱいでございます。

小嶋 『MH』のいろいろなシリーズに参加させてもらっているんですけど、毎回常連の方たちが来てくれたり、新しい顔ぶれの人たちが来てくれたり、そういう人たちに会えるのもうれしいですし。大会での経験が開発の血となり肉となって、つぎのタイトルにつながっている。自分たちでいうのもアレですけど、いいイベントになっていると思います。『MH』は人とつながっていっしょに盛り上がれるゲームなので、イベントでさらに輪が広がっている様子も直に見られてうれしいです。そして今回、おかげさまで『MH』イベントも10年目に突入しました。『MH』本編以外に『MH ストーリーズ』の大会も実現でき、さらに幅が出てきてうれしいですね。

――今日も観客席や出場者の待機席がかなり盛り上がっていましたね。ユーザーどうしの交流もどんどん広がっているのが感じられました。

市原 お客さんの反応もよくて、盛り上がりがすごかったですね。

小嶋 ありがたいです。地区大会に参加されたハンターとライダーの皆さん、参加しようとしてくれた方、スタッフさん、みんなに感謝しています。そして、2017年6月25日の決勝大会もお楽しみに!

――ちなみに先ほど、狩王決定戦の代表チームとも話したのですが、決勝大会の課題はかなり難度が高そうですね。

小嶋 決勝はいつも激しい内容になりがちなんですけど、前回の決勝大会でナルガクルガが一瞬で狩られたような、予想を上回るほどの見事なプレイに期待しています。「あのモンスターが、こんなに簡単に狩られちゃうの!?」という。前回、ナルガクルガが狩られたときは思わず「ナルガー!」って叫んじゃいましたからね(笑)。ハンターの皆さんは練習がとてもたいへんだと思いますが、楽しみにしています。

市原 決勝に出てくるハンターさんは、僕らが見ても「「えっ!?」と思うようなクエストをこなしてきているので、どのくらいのことならやってもらえるんだろうという、期待が入り混じった気持ちがあります。

――そして、今日ニンテンドースイッチ版『MHXX(ダブルクロス)』の詳細が発表されましたね。

小嶋 やっと発表できたということもあるんですけど、前日に告知させてもらった際に、「データの移行はできるのか?」、「ニンテンドー3DS版とはいっしょに遊べるのか?」など、心配されていた方がけっこう多かったと思いますが、それらの機能は我々もあったほうがより楽しんでもらえると思っていたので実装しました。ぶっちゃけますと、ハードをまたぐ機能は簡単なものではないんですよ。ですけど、発表後の皆さんの反応を見て、挑戦してよかったなと思えました。少しでも楽しんでもらえたらといういうのもありますし、『MHX(クロス)』から引き継ぎもできますので、『MHX(クロス)』は遊んだけど『MHXX(ダブル)』は未プレイという方にも楽しんでいただきたいですね。また、『MHXX(ダブルクロス)』には全部が入っていますので、『MHX(クロス)』と『MHXX(ダブルクロス)』どちらにも触れたことがないという方にも、ぜひイチから遊んでいただければと思います。

――会場で流れた映像もきれいでしたね。

小嶋 見栄を張っていない、小細工なしの映像ではあるんですけどあくまでPVですので、実機の映像を見てほしいという気持ちがすごくあります。決勝大会で体験プレイができますが、それ以外にも体験会のような皆さんが触れられる機会を増やしていけたらなと思っています。

市原 ぜひ実物を触っていただきたいですね。

小嶋 プレイしたら、まずは村や龍識船をうろうろしつつ画面の隅々を観察して、「こんなことになってるんだ!」と感じてください。

市原 フィールドやモンスターも高解像度になっているんですけど、村もきれいですからね。

小嶋 あと山菜爺もぜひ! 山菜爺が背負っているカゴや小道具を見ると「あ、こんなもの持ってるんだ」ということがより鮮明にわかります。また、しゃべっているキャラクターを見て、けっこう口をパクパクさせてるんだなとか(笑)。

市原 ハンターの装備もいままで以上に細かく見られるので、細部の作り込みを観察していただきたいですね。

小嶋 発売してしばらくするとハロウィンですから、ハンターの装備を実際に作りたい人も参考にしやすいと思います。ぜひお楽しみに!

最終更新:5/29(月) 13:32
ファミ通.com