ここから本文です

劇場版「はいからさんが通る」紅緒&忍のビジュアル公開!前編主題歌は竹内まりや&早見沙織

5/29(月) 21:00配信

映画.com

 [映画.com ニュース] 大和和紀氏の傑作少女漫画をアニメ映画化する2部作「劇場版 はいからさんが通る」の前編「紅緒、花の17歳」の主題歌が、主演声優・早見沙織の新曲「夢の果てまで」に決定した。同曲は、作詞・作曲を竹内まりやが担当する。さらに新キービジュアルも完成し、主人公・花村紅緒、紅緒の許婚・伊集院忍のキャラクタービジュアルが公開された。

【フォトギャラリー】主題歌を歌う早見沙織、作詞作曲を手がけた竹内まりや

 1975~77年に「週刊少女フレンド」(講談社刊)に連載された原作漫画「はいからさんが通る」は、大正時代を舞台に、お転婆でハイカラな女の子・紅緒が、許婚の青年軍人・忍の存在を知らされ、反発しながらも、次第に惹かれていくラブコメディ。シリーズ累計発行部数1200万部を超える人気作で、78年に全42話でテレビアニメ化、87年に南野陽子、阿部寛の共演で実写映画化されたほか、テレビドラマ版も3作製作された。連載40周年記念作となる今作は、早見が紅緒、宮野真守が忍の声を務める。

 主題歌を手がけた竹内は、「時代を超えて愛されてきた名作『はいからさんが通る』。その映画主題歌を提供する光栄に恵まれたことに感謝いたします」と喜びを語る。早見といえば美しい声、演技力と表現力に定評のある実力派声優で、これまでに多数のキャラクターソングを歌ってきた。15年には歌手デビューも果たしており、竹内はその歌声を「主人公の紅緒そのものになった気持ちで書き上げたこの歌は、早見沙織さんの透明でまっすぐな声にぴたりとはまりました」と絶賛している。

 「劇場版 はいからさんが通る」の「前編  紅緒、花の17歳」は11月11日、「後編 東京大浪漫」は18年に全国で公開される。

最終更新:5/29(月) 21:00
映画.com