ここから本文です

みこしに湯 温泉に感謝 熱海、湯河原で祭り

5/29(月) 8:31配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 江戸時代の献湯儀式にちなみ、温泉の恵みに感謝する「湯かけまつり」が27日夜、熱海市泉地区と隣接する神奈川県湯河原町で行われた。湯だるを積んで街路を進むみこしに、地域住民や観光客が勢いよく湯を浴びせ掛けた。

 地域住民でつくる団体や同まつり体験ツアーの参加者が4基のみこしを担ぎ、湯河原町の不動滝を出発。ズブぬれになって湯河原温泉街を通り抜け、熱海市の泉公園へ向かった。同公園では、大量の湯を浴びながら巨大なかがり火の周囲を練り歩き、道中を締めくくった。

 湯河原温泉観光協会などによると、まつりはたる詰めにした湯を御用邸や大名家に献上する「湯道中」出発の際、安全を祈願して行っていた儀式を再現したという。現在は同温泉街の風物詩として、観光客からも人気を集めている。

静岡新聞社