ここから本文です

ベッテル「ピットストップ前の自分のペースに驚いた」

5/29(月) 18:56配信

TopNews

モンテカルロ市街地サーキットで行われた2017年F1第6戦モナコGP決勝で今季3勝目をあげたフェラーリのセバスチャン・ベッテルが次のようにコメントした。

●【動画】フェラーリ、後味悪い完全勝利/F1モナコGP決勝レース・ハイライト映像

■セバスチャン・ベッテル
決勝/優勝

「信じられないような日になった。ピットストップを行う前の自分のペースには自分で驚いていたよ。序盤はキミ(ライコネン)も僕もリアタイヤに苦しめられていたからね。今日のあの数ラップは昨日の予選のときに比べてもよかった。僕が今日どれだけ速く走ることができるかを予測するのは不可能だったんだ。ある時点で僕は1秒、あるいはコンマ5秒速いかなと思ったけれど、実際はそれ以上だった。そしてそれが僕がトップに立つ上で絶対に必要なことだったんだ」

「先頭に立つことができ、レースに勝てたのは素晴らしかった。あのときの数周はアドレナリンがたくさん噴き出したけれど、全体的にうまくレースをコントロールできた。トラフィックの影響がなければ先頭を走り続ける上で助けになるのは確かだし、いいリズムに乗ることができるよ。新しいタイヤに換えてからもポジションをうまくコントロールすることができていたんだ」

「僕たちには今週末1位と2位で終えるチャンスがあったけれど、それをチームが達成したんだ。自分たちがそれをやり遂げることができたのがすごくうれしい。今日はチームがたくさんのポイントを得ることができた。フェラーリがここで勝利したのもひさしぶりだし、素晴らしい日になったよ。チームのために走ることを本当に楽しんだ。一緒に仕事ができてうれしいよ。僕たちはお互いにプッシュし合っているし、何よりもうれしいのはチームが成長し続けていることが分かることだよ」

最終更新:5/29(月) 18:56
TopNews