ここから本文です

女子ハンマー投げ、城間(中部商)が大会新でV 県高校総体

5/29(月) 20:41配信

琉球新報

 2017年度県高校総合体育大会3日は29日、各地で競技を行い、陸上の男子800メートルで識名黄羅(中部商)が1分54秒64で大会記録を塗り替えた。女子ハンマー投げの城間歩和(同)は42メートル22の大会新記録を樹立し、円盤投げと砲丸投げの3冠を達成した。
 ソフトテニス個人戦ダブルスは男子の稲福蓮音・山田裕也組(那覇西)、女子は友利璃南・金城紬女組(名護)が頂点に立った。空手の組手個人男子は田村斎喜(前原)、女子は嘉数萌乃(沖尚)が制した。卓球シングルスは男子の伊佐真旺(前原)、女子の中村陽菜(普天間)が栄冠を手にした。バドミントンダブルスは男子の濱川武道・玉寄傑組(糸満)、女子の黒島結花・上原愛枝組(糸満)が制した。ボウリング団体男子は沖縄工(座波泰俊・前泊佑樹)、女子は那覇商(波平明香里・大城美幸)が優勝した。【琉球新報電子版】

琉球新報社

最終更新:5/29(月) 20:41
琉球新報