ここから本文です

FC東京ドローは“代表ゼロショック”か

5/29(月) 16:45配信

東スポWeb

 J1FC東京は28日の甲府戦(味スタ)で1―1の引き分け。日本代表に誰も呼ばれない“ゼロショック”が顕著に表れた結果となった。

 今月25日に発表された日本代表メンバーにFC東京所属選手の名前はなく、これは2012年2月29日のブラジルW杯アジア3次予選のウズベキスタン戦(豊田)以来のこと。3月のW杯予選2連戦で先発出場していたDF森重真人(30)も落選。代表経験者を多数抱えるチームとしては衝撃的な出来事だった。

 不名誉な記録を続けさせないためにも、好パフォーマンスで巻き返しをアピールしたいところ。しかし1―0の前半44分、MF田辺草民(27)のバックパスが受け手だった森重につながらず、相手に奪われてそのままゴールに流し込まれた。それ以外の場面でもパスミスが目立ち、試合後にはサポーターからブーイングが飛ぶほどだった。

 森重は「ミスが多かったのは、技術的な問題。そこが勝敗を左右してしまう。もっと詰めてやらないといけない」と厳しい表情で語ったが、チーム状態を如実に表す結果となった。

最終更新:5/29(月) 16:45
東スポWeb