ここから本文です

Frascoが初のCD作品「Contact」リリース

5/29(月) 12:28配信

音楽ナタリー

Frascoが初のCD作品「Contact」を6月14日にリリースする。

Frascoは企画・作詞曲を担当するタカノシンヤと、歌唱・デザインを担当する峰らるが2015年に結成したプロジェクトユニット。本作には2人が今年3月から5月にかけて配信した新曲3曲に「Blue」を加えた全4曲が収録される。なおサウンドプロデューサーとしてChildiscのsuppa micro pamchopp、マスタリングエンジニアとしてナギー a.k.a kentaro nagataが参加した。

【写真】Frasco(他1枚)



また彼らのオフィシャルサイトでは、J-WAVEの音楽番組「RADIO SAKAMOTO」内デモテープオーディションのコーナーにてFrascoの楽曲を推薦したU-zhaanや、自身がプロデュースしたプラネタリウム企画の主題歌にFrascoの楽曲を採用した川田十夢(AR三兄弟)といった新興のある著名人からのコメントが掲載されている。



さらに彼らは6月にCD発売を記念したライブイベントを東京、大阪、福岡で開催。大阪と福岡の会場ではリリースに先駆けCDを手に入れることができる。詳細はFrascoのオフィシャルサイトにて確認を。

Frasco「Contact」収録曲
01. Dance
02. PEA
03. Irritation
04. Blue



U-zhaan コメント
今インドに来ているんですが、泊まってるところのWi-Fiが弱すぎて送ってくださった曲を聴けないんです…。
曲タイトルは見られました。素敵です。



川田十夢(AR三兄弟)コメント
彼らの音楽を聴くと、しー。お静かに。小学校の実験室にこっそり入ったときの緊張感が蘇る。蛇口から伸びる光沢のない黒いゴムホース。アルコールランプを消したときの匂い。立ち上がる半透明の煙。顕微鏡を覗けばミラーボール。板書したはずの化学式。距離と比例するリバーブ、記憶と反比例するエコー。踊り場までの幽体離脱。Frascoのメロディが、放課後の学校に鳴り響く。



itoken コメント
80年代を完全に通過している自分にはキュンキュンくるフレーズと音色が満載。そこを2010年代を通過した感性によって様々なフィルターがかかり、聞いた事あるようで、聞いた事の無い音楽に。このちょっと冷たい感触、クセになる。



Frasco「Contact」リリースパーティ
2017年6月3日(土)大阪府 FootRock&BEERS
<出演者>
Frasco / ゆnovation / mukuchi / and more

2017年6月4日(日)福岡県 dai-tu
<出演者>
Frasco / Nostola / and more

2017年6月16日(金)東京都 BATICA
<出演者>
Frasco / テンテンコ / suppa micro pamchopp / 神様クラブ / and more

最終更新:5/29(月) 12:28
音楽ナタリー