ここから本文です

南ア与党、ズマ大統領の不信任動議を否決=報道

5/29(月) 10:11配信

ロイター

[ヨハネスブルク 28日 ロイター] - 南アフリカの与党アフリカ民族会議(ANC)は28日の幹部会議で、ズマ大統領に対する不信任動議を否決した。ニュースサイト「ニュース24」が報じた。

報道によると、26日に始まった同党の全国執行委員会(NEC)では幹部70人が不信任動議について賛成か反対の立場を表明し、大半が大統領を支持した。議論は白熱し、28日深夜まで続いたという。

地元メディアのEWNは、不信任動議について意見表明した72人のうち、18人が動議に賛成し、54人が反対したと報じた。

ANCは幹部会議について29日に記者会見を開く予定としている。

ズマ氏が3月に市場の信任の厚かったゴーダン財務相を解任し、同国の信用格付け引き下げを引き起こしたため、与野党や国民の間では退陣を求める声が高まっていた。

最終更新:6/11(日) 9:32
ロイター