ここから本文です

【ハーフパイプ】小野塚の壮大“世界征服”プラン

5/29(月) 16:45配信

東スポWeb

 フリースタイルスキー世界選手権ハーフパイプ女子金メダルの小野塚彩那(29=石打丸山ク)がXゲーム、平昌五輪のダブル制覇を誓った。

 28日、都内でモーグル男子の堀島行真(19=中京大)らとトークショーを行い、その後、2週間の米国合宿に出発。平昌五輪での金メダル獲得に期待が集まるなか、小野塚にはもう一つ野望がある。

「残っているのが、五輪とXゲームしかない。この2つのタイトルを来年一年で取れるチャンス。しっかり頑張っていきたい」と意気込んだ。

 最高峰大会のXゲームはスキースーパーパイプで3年連続銀メダル。あと一歩で頂点に届いていない。2014年ソチ五輪後、W杯総合連覇も成し遂げている小野塚にとって、五輪と同等かそれ以上の価値を持つ大会だけに「そこで勝つ重要性はある」と力を込めた。

 ソチ五輪金メダルのマディー・ボーマン(23=米国)も同年、Xゲームとの2冠に輝いている。小野塚が続けば、史上2人目の快挙だ。1月にXゲームを制し、2月の平昌五輪に乗り込むのが青写真で「そうなれば、いい流れをつくって五輪に臨んでいける」とモチベーションを高めた。

最終更新:5/29(月) 16:45
東スポWeb