ここから本文です

【新日本】“いまや小銭以下の価値”…内藤がIC王座封印宣言

5/29(月) 16:45配信

東スポWeb

 新日本プロレスのIWGPインターコンチネンタル王者・内藤哲也(34)が28日、棚橋弘至(40)とのV5戦(6月11日、大阪城ホール)を王者としての“ラストマッチ”にすることを宣言した。破壊行為を続けるベルトとともに団体との信頼関係も修復不可能となった内藤は、棚橋戦を「王座封印マッチ」に指定。認められない場合は、返上に踏み切る意向を明らかにした。

 IC王座をめぐって団体と衝突を繰り返していた内藤は、挑戦者の棚橋が負傷欠場中の今シリーズに行動が過激化。ベルトを破壊し続け、もはや見る影もないほどボロボロにしてしまった。

「さわらぬ神にたたりなし」の精神で難を逃れてきた本紙だが、この日の群馬・高崎大会後に会場を出ると、関係者出口で待ち伏せする内藤の姿が…。開口一番「いやー、レイデオロ勝ったね」と、本紙での日本ダービー予想(28日付本紙)的中を恩着せがましく強調されては、ファミレス招集を断るすべはなかった。

 いつもよりも割高の某高級チェーン店という要望も通って満足そうな表情の内藤は、大阪城決戦に向けて一大決心を明かす。「俺が勝ったらICは封印。今の新日本はみんなを何かしらの王者にしたいのか、ベルトが多すぎる。お客様が分かりにくいでしょ。ICと同じ理念のUS王座ができてしまったらさらに混乱しちゃうからね」。自身の要望は通らず、7月のUS王座新設決定でICの存在意義を疑問視してきたが、大阪城決戦を正式に「封印マッチ」に指定した格好だ。

 くしくも「王座封印」は2016年までICの象徴として君臨した中邑真輔(37=現WWE)が過去に行ってきた手法と重なる。内藤は「かつてのライバルの築いた歴史を消されたくなかったら、俺に勝つしかない。その思いも背負って(大阪城に)出てくればいいんじゃない?」と、棚橋に挑発的な言葉を突きつけた。

 もっともこれまでの経緯を踏まえても、内藤の一存で団体が封印を認めるかは疑問だ。そこで王者は「もし封印が認められないなら返上するまで。発表された以上はタイトルマッチをやりますが、いずれにせよ大阪城をIC王者として最後の試合にしますよ」と代案も用意。ICとの完全決別の決意は揺るがない。

 取材後の会計時に内藤が「あ、小銭足りなかったら出すよ」と言うので厚意に甘えると、なんとICベルトをキャッシュトレーに入れてしまう制御不能ぶり。店員から支払いに使用できないことを伝えられ「参ったね、こりゃ…。このベルト、今や10円玉以下の価値になってしまったらしいよ」と捨てゼリフを吐きながら退店した。内藤がIC王者でなくなりさえすれば、こんな光景はもう見なくて済むようになるかもしれない。

最終更新:5/29(月) 16:45
東スポWeb