ここから本文です

米ワシントンの動物園、ジャイアントパンダに人工授精

5/29(月) 14:07配信

ロイター

[ワシントン 26日 ロイター] - 米ワシントンのスミソニアン国立動物園は26日、ジャイアントパンダの繁殖活動の一環として、18歳の雌メイシャンの出産を試みていることを明らかにした。生きた子どもとして4番目の赤ちゃん誕生を目指すという。

動物園によると、メイシャンは25日に発情の兆候が見られたことから、2回の人工授精が行われた。パンダの発情期は年間24─72時間と短く、24日にメイシャンのエストロゲンレベルがピークに達したという。

妊娠すれば9月末前後に出産となる可能性が高い。父親は同じ動物園にいる19歳の雄ティアンティアン。

最終更新:5/29(月) 14:07
ロイター