ここから本文です

“ひふみん”加藤一二三 映画イベントで「きよしこの夜」歌いだす

5/29(月) 20:10配信

東スポWeb

 将棋棋士の加藤一二三九段(77)が29日、都内で行われた映画「ローマ法王になる日まで」(6月3日公開)のトークイベントに登場した。

 映画はフランシスコ現ローマ法王の若いころから今までを描いている。バラエティー番組でのユニークなキャラクターがウケている“ひふみん”も、実は熱心なカトリック教徒。普段のオトボケキャラをセーブして、マジメにカトリックの教えを語った。

 しかし「将棋の対局中に口ずさんでいる賛美歌」をMCに請われると、季節外れな「きよしこの夜」を歌いだして、結局は会場を笑いの渦に陥れてしまう。

 加藤は得意のクイズも出題したが「アルゼンチンの有名な巡礼地の名前」という問いに、観客から選ばれた回答者が誰も答えられない“アクシデント”が発生した。

 最後に「法王様の教えを日本で繰り返し勉強している者です。いつまでも末永く私どもを導いてください」というメッセージをバチカンに送って壇上を後にした。

最終更新:5/29(月) 20:10
東スポWeb