ここから本文です

宮里藍が会見、結婚は「ないです」 引退理由はモチベーション維持の難しさ

5/29(月) 13:02配信

デイリースポーツ

 女子ゴルフで、世界ランク1位も経験した宮里藍(31)が29日、都内で引退表明会見に出席した。「昨年の夏ごろに現役の選手を引退する決意を決めました」と冒頭で語った。引退理由はモチベーションの維持が難しくなったからとした。

【写真】引退会見で涙ぐむ宮里藍

 引退理由については「モチベーションの維持が難しくなったのが一番の決め手。感じたのが4、5年前でして、自分の中でもそこをどう消化していいのか手探りで進むしかなかった」。第2の人生については「決まってないのが現状」とした。結婚については「それは今のところはないですね」と笑顔で語った。

 沖縄県出身の宮里は東北高に進学し、高校3年の2003年9月に日本ツアーのミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンで当時のツアー最年少の18歳で優勝。その後プロに転向。06年から米女子ツアーに本格参戦し、09年のエビアン・マスターズで初優勝した。10年には年間5勝を挙げ、世界ランキング1位を12週もキープした。

 一番思い出に残っている試合「アマチュアで勝ったミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンは」とし、「自分の中でもターニングポイントになった試合なので、あの試合なくして今の自分はないです。今、ぱっと思い浮かんだのがその試合(でした)」と振り返った。アメリカでは「エビアンマスターズ優勝が記憶に残っていて、4年かかってもぎとった優勝だったので自分の中でも達成感がありました」とした。

 プレーオフを制しての優勝だったが、「その前にドライバーのスランプもありましたので、プレーオフの18番のティーショットはスランプを乗り越えた一瞬だったと思うので、そのショットはすごくよく覚えています」と、思い出に残る一打として挙げた。

 父・優の指導のもと長男・聖志、次男・優作もプロゴルファーとして活躍。ゴルフ一家の3きょうだいの末っ子として育った。