ここから本文です

人間がドローンで“エアサーフィン”、サッカーボール運ぶ――ポルトガルの公式試合でデモ

5/29(月) 15:38配信

ITmedia NEWS

 人間がドローンに乗って空を舞い、サッカーボールを審判まで届ける――そんなデモンストレーションが、ポルトガル国内のサッカー公式戦「タッサ・デ・ポルトガル」の決勝戦で5月28日(現地時間)行われた。ポルトガルサッカー連盟(FPF)がYouTubeに動画を公開している。

【画像】浮かび上がる様子

 ボールを抱えた人間が8ローターのドローンの上に立つと、そのまま浮上。雨が降る中、右手のコントローラーで操作しながらフィールド上空をサーフィンで波に乗るように飛び、審判がいる場所の近くに着陸する様子を確認できる。ドローンの詳細や開発企業などは明かしていない。

最終更新:5/29(月) 15:38
ITmedia NEWS