ここから本文です

秋田で合同展「さんかく座」 北東北3県の雑貨店など10組が出展 /秋田

5/29(月) 20:27配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 川反中央ビル(秋田市大町3)で6月3日・4日、北東北3県の雑貨店やカフェなどの合同展示販売会「さんかく座 9th 北東北のしずかなつながり」が開かれる。(秋田経済新聞)

「さんかく座 9th」フライヤー

 秋田・青森・岩手の北東北3県で営業する雑貨店やカフェなどの店主らが、2009年6月に岩手県滝沢村のギャラリーで初めて開いて以来、例年、3県持ち回りで開く同イベント。9回目を数える今年は、2014年以来3年ぶりに秋田市内で開く。

 雑貨などを扱う「まど枠」(大町3)や木製家具の制作販売を手掛ける「Holz」(岩手県)、喫茶店「carta」(同)、飲食店「ゆぱんき」(青森県)など計10組が参加を予定し、カフェ営業や自転車の試乗会も行う。

 「まど枠」店主の伊藤幹子さんは「秋田市にいながら、地元にはない商品に触れることができる機会。皆さんに足を運んでいただければ」と来場を呼び掛ける。

 開催時間は10時~17時(4日は16時まで)。入場無料。問い合わせは「まど枠」(TEL 018-827-6212)まで。

みんなの経済新聞ネットワーク