ここから本文です

高安、本名のままで大関へ「変える予定はないです」

5/29(月) 11:48配信

スポーツ報知

 大相撲夏場所で11勝を挙げ、大関昇進が確実な関脇・高安(27)が29日、江戸川区の部屋で一夜明け会見を行った。日本相撲協会が31日の番付編成会議及び臨時理事会を経て、正式に大関・高安が誕生する。理想の大関像ついて「どんな状況でも堂々というのが、僕の大関像」と目標を語った。

【写真】三賞の表彰前に(左から)御嶽海、1人おいて阿武咲、嘉風と談笑する高安

 大関昇進の目安となる三役で3場所合計33勝を上回る34勝を直近3場所で達成。2度目の大関挑戦でチャンスをつかんだ。昇進しても、改名せず本名の高安のままの予定だ。「新十両のとき自分の父から、『高安』という名前を残して欲しいという願いもあって、先代師匠(元横綱・隆の里)も了承してくれた。変える予定はないです」。1999年名古屋場所後の出島以来の本名大関となる。

最終更新:5/29(月) 12:47
スポーツ報知

Yahoo!ニュースからのお知らせ