ここから本文です

宮里藍、会見最後に涙ぐむ「ここまでプレーしてきて、本当に…」

5/29(月) 14:52配信

デイリースポーツ

 女子ゴルフの宮里藍(31)が29日、都内で引退表明会見を開いた。結婚についての質問にも笑顔で「ないです」と答えるなど、誠実に、率直に引退にいたるまでの経緯を語ってきたが、最後のあいさつで感極まって涙ぐむ場面があった。

 約1時間の会見の最後に、宮里は立ってファンや関係者への思いを口にした。「お忙しい中、この場にお集まりいただきありがとうございました。約15年間、プロの選手としてここまでプレーしてきて、本当に…」と発したところで、約7秒、言葉を詰まらせ、「すいません」と涙ぐんだ。

 今年いっぱいは、日本とアメリカで可能な限り試合に出場する予定で、「本当にたくさんの方にこれだけサポートしてもらえたことはすごくうれしかったですし、選手としてもすごく幸せだったなと思っています。重複しますが、これだけ自分の引き際に対して寂しさというものは一切なく、感謝の気持ちを持って最後までプレーできることをありがたく思っています」と感謝した。

 「(プレーを)させてくださいましたスポンサーの皆さま、家族、友人、ファンの皆さま、そしてここにいる皆さまも含めて、幸せな選手時代だったとい思います。本当に感謝しています。残りシーズンも頑張っていきますので、もう少しよろしくお願いします。本日は本当にありがとうございました」と締めくくると、退席する際は、何度も頭を下げて気持ちを表現していた。