ここから本文です

【日本ダービー】アドミラブル消化不良の3着 デムーロ「外枠がめっちゃ痛かった」

5/29(月) 21:55配信

東スポWeb

 日本ダービー(28日=東京芝2400メートル)は、2番人気のレイデオロ(牡・藤沢和)が優勝。1番人気に支持されたアドミラブルは3着に敗れ、青葉賞勝ち馬のダービー制覇は今年も実現しなかった。

 出走馬最速の上がり33秒3の末脚を駆使しながら、前を捕まえるところまで至らず。超がつくスローペースでも直線一気の競馬をするしかなかった理由は何なのか?

「外枠がめっちゃ痛かった。ペースが遅いと分かっていたし、クリストフ(レイデオロ)と一緒に上がって行くこともできたけど、それではクリストフのさらに外を回ることになる。直線でも大外を通ることになってしまったし、とにかくついてなかった」とM・デムーロ。確かに大外を回るリスクは大きいが、ゴール前の伸びは際立っていただけに、陣営が「消化不良のレース」と考えてしまうのも無理はない。

「勝てるチャンスと思えた初めてのダービー。自分から行ける状況だったわけだし、行ってほしかった。3着は能力だけできたもの。(1番人気にも)自分は硬くなってなかったが、レースの流れが硬くなってしまった。状態はすごく良かったが…」と嘆く音無調教師。

 今後は放牧を挟んでGII神戸新聞杯(9月24日=阪神芝外2400メートル)からGI菊花賞(10月22日=京都芝外3000メートル)へ。秋こそは世代最強をアピールしたいところだ。

最終更新:5/29(月) 21:55
東スポWeb

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ