ここから本文です

把瑠都、高安の大関昇進へ太鼓判「稀勢の里と毎日、毎日、稽古をしているから力がついている」

5/29(月) 13:33配信

スポーツ報知

 大相撲の元大関でタレントの把瑠都(32)が29日、フジテレビ系「バイキング」(月曜~金曜・前11時55分)に生出演し、大相撲夏場所を終え、大関昇進を確実とした関脇・高安(27)=田子ノ浦=についてコメントした。

 把瑠都は「勝つイメージが、負けるイメージより強い。勝手に体が動いていた。(日馬富士戦は)横綱に勝って大関をつかむ気持ちが出ていた一番だった。下半身がよく動いている」と高安の15日間の取組を振り返えった。

 高安の成長について「横綱・稀勢の里と毎日、毎日、稽古をしているから力がついている」と兄弟子で横綱・稀勢の里(30)の支えがあると分析し、昇進へ太鼓判を押した。

 また、ゲスト出演した大相撲リポーターの横野レイコさん(55)は「もちろん、日馬富士戦が一番だったけど、3日目の琴奨菊戦がよかった。この人を引きづり下ろさないと自分の大関はないと思っていて圧倒した相撲だった」と話した。

最終更新:5/29(月) 13:33
スポーツ報知