ここから本文です

【安田記念馬体診断】イスラボニータ

5/29(月) 15:38配信

デイリースポーツ

 「安田記念・G1」(6月4日、東京)

 出走馬の立ち姿の写真と馬体診断をデイリースポーツのホームページに掲載する大好評企画。馬を見る目に定評のある僚紙・馬サブロー調教班の石堂道生(美浦)、吉田順一(栗東)の両トラックマンが、出走を予定する各馬をA~D評価しました。週末の予想にお役立てください。

【写真集】安田記念有力馬10頭の馬体診断を一挙公開!

 【イスラボニータ=評価B】

 体つきは年々厚みを増し、特に首差しは他とは一線を画する発育。体形だけを見れば走りが窮屈になりそうな印象だが、当馬は重心の低い走法で可動域が広いフットワーク。関節と筋肉が非常に柔らかいのが特徴で、これぐらいがっしりしたつくりでも問題ない。

 ただ、パンパンに張りのあった後肢部はマイラーズCの1週前と比較してメリハリという点ではもう一歩といった姿に映る。引き締まって見えた前回を基準にすれば少し緩みがある分、B評価に。(馬サブロー美浦・石堂道生)

 〈1週前追い切り診断〉美浦Wで5F67秒5-37秒3-12秒0(一杯)。直線に向くと重心がしっかりと沈んで、この馬本来のしなやかな伸び脚。先行した僚馬とは1Fでもまだ3馬身ほど差はあったが、あっさりと並んで見せた。馬体もはち切れんばかりの状態を維持しており、絶好調と言える。

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ