ここから本文です

【安田記念馬体診断】エアスピネル

5/29(月) 15:38配信

デイリースポーツ

 「安田記念・G1」(6月4日、東京)

 出走馬の立ち姿の写真と馬体診断をデイリースポーツのホームページに掲載する大好評企画。馬を見る目に定評のある僚紙・馬サブロー調教班の石堂道生(美浦)、吉田順一(栗東)の両トラックマンが、出走を予定する各馬をA~D評価しました。週末の予想にお役立てください。

【写真集】馬サブロースタッフが評価!安田記念馬体診断10頭紹介

 【エアスピネル=評価B】

 昨年は3冠レースにすべて出走し4、4、3着だが、タフさと安定感はサトノダイヤモンドに次ぐと言ってもいいだろう。ただ太くて短めの首差しや立ち気味の肩の角度+豊富な筋肉量と背中の長さを踏まえれば、マイラーの可能性は高い。

 さらに力みが目立つレースぶりと内向気味でストライドよりは回転重視の走法からしても距離は長くなるよりは短い方が合う印象だ。

 今年は京都金杯→東京新聞杯→マイラーズCとマイルにこだわるローテーションでここが最大目標。うっすらあばらを見せて皮膚の薄いいい質感だが、気になる点がひとつ。今年4戦目にしてトモを小さく見せているのは、個人的には少し割引材料としたい。(馬サブロー栗東・吉田順一)

 〈1週前追い切り診断〉栗東坂路で4F50秒8-12秒3(G強め)。ワンダーヴィーヴァ(7歳1000万下)に1馬身先着。攻め駆けするタイプだが、力強いフットワークで好時計をマーク。一連のいい状態を維持している。

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ