ここから本文です

文大統領 メガワティ元大統領と会談

5/29(月) 22:26配信

聯合ニュース

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は29日、青瓦台(大統領府)でインドネシアのメガワティ元大統領と会談した。

 メガワティ氏は「文大統領の当選で韓国の雰囲気が安定したようだ。ジョコ大統領が文大統領のインドネシア訪問を要請した」と述べた。

 文大統領は、先の電話会談でのジョコ大統領からの祝賀メッセージに感謝していると語った。

 また、「金大中(キム・デジュン)、盧武鉉(ノ・ムヒョン)両元大統領の南北首脳会談などに、メガワティ元大統領の多くの協力があったと承知している。以前のように協力してくだされば良い結果があるのではないかと思う」と述べた。

 朝鮮半島問題については「南と北が主導的に解決しなければならず、北に対しては過去の政府のように制裁と圧迫を加えるだけでなく対話も並行すべきだ」との考えを説明した。

 メガワティ氏は、南北関係改善に向けた協力を要請した文大統領に対し前向きな返答をした上で「南北は元々一つの民族なので必ず再び会うべきだ」と語った。

 メガワティ氏は北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長との会談を推進する計画も明らかにした。

 金委員長との会談が実現した場合は文大統領のあいさつを伝えてもよいかとのメガワティ氏の質問に、文大統領は「きょうの会談内容を伝えてもかまわない」と答えた。

 文大統領は「今後、東南アジア諸国連合(ASEAN)との外交関係を米国、中国、日本、ロシアの主要4カ国との関係のように発展させていく」とした上で、インドネシアが中心的役割を果たしてほしいと要請した。メガワティ氏は「ジョコ大統領に伝える」と答えた。

最終更新:5/29(月) 22:26
聯合ニュース

Yahoo!ニュースからのお知らせ