ここから本文です

【安田記念馬体診断】アンビシャス

5/29(月) 15:38配信

デイリースポーツ

 「安田記念・G1」(6月4日、東京)

 出走馬の立ち姿の写真と馬体診断をデイリースポーツのホームページに掲載する大好評企画。馬を見る目に定評のある僚紙・馬サブロー調教班の石堂道生(美浦)、吉田順一(栗東)の両トラックマンが、出走を予定する各馬をA~D評価しました。週末の予想にお役立てください。

【写真集】安田記念馬体診断

 【アンビシャス=評価C】

 首差しは少し短めで肩の角度は立ち気味。脚が細くて長いため、スラッとしたシルエットだ。多少肩から前腕にかけての筋肉量が多いためマイル~二千のイメージだが、走法+気性を加味してもマイル戦は魅力である。

 ただ、今年の中山記念から接着装蹄のエクイロックスを使用していることは、この馬の爪の特徴からすれば多少引っ掛かる。昨秋から今年の大阪杯まで4戦を消化しているが、一番トモがこぢんまり映る点もあまり歓迎すべき材料ではない。

 臀部(でんぶ)、股ともに丸みが足りず、1週前追い切りが地味だったことと関連性はありそうだ。今週末と来週でどこまでトモが膨らむかがポイントだろう(馬サブロー栗東・吉田順一)

 〈1週前追い切り診断〉栗東坂路で4F52秒5-39秒0-13秒5(一杯)。ブラックスピネル(4歳オープン)との追い比べで2馬身半遅れたが、最後までしっかりとした脚取りだった。気配は良好。

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ